風にふかれて

大窪寺から與田寺・瀬戸内(旧白鳥町)の宿


62 63 大窪寺側から見た女体山。
裏側からは分からなかったが、
結構な岩山。
(写真では、ちょっと分かりにくいかなぁ)


64 宿の前の道標。
てっきりこの道が国道377号かと・・・
しかし・・・国道は矢印方向に行った先にありました。

66 向うに見えるのは、「五明トンネル」長野側からの入口。
このトンネルからではなく山越えルートの方が雰囲気があり、素的だったような・・・(山越えの距離もたいしたことはありません)
向こう側に行ってから気付きました。
67 トンネルを抜けると、道はほんの一瞬徳島県に入り、また香川県に戻る。

68 石標には「(右を指し)大くぼ寺 一里」とある。もちろん山越えの距離。
地図からみると1里よりはありそう。
でも山越えだと、トンネル経由より300mほどショートカット出来るようだ。
(山越えルート、県道2号側出口付近にて)

69 中尾峠へ向かう道。
へんろ標には「与田寺 12K」とある。

70 もうすぐ「中尾峠」
いつまで行っても峠らしい上り坂にはならないので、知らぬうちに通り過ぎてしまったかと、慌てて戻ろうとしたりして・・・
(気が短くて慌てもの。いつものことで、まったくもう・・・)

71 72 73
「中尾峠」頂上付近で県道を右折すると、車道を避けたショートカットコースの旧道がある。
なかなかよさげな道でしょう。(そうです。さっきからこの道を探していたのです。)

74
再び車道に合流し、白鳥温泉に向かう。

今はほとんど通る車もない静かな道・・・
満開の桜が見送ってくれます。

75
かつての賑わいを静かに見てきたはず・・
道の辺の標石。
白鳥温泉を指している

76 77 78
78
        桜が 菜の花が
        どこまでも どこまでも つづく路
        今このひとときのしあわせを
        ゆっくり ゆっくりと
        心にきざみつゝゆく
                (白鳥温泉付近)



79 白鳥温泉から1.6kほど先の丁字路。
三宝寺・水主神社経由、與田寺に至る分岐点。
白鳥温泉から来ると左側に池、へんろ標には「与田寺 経由 金泉寺 へんろみち」とある。
道路も広く、道標もあり至極分かり易い分岐。

80 三宝寺を過ぎ、道は僅かに登りとなり星越峠。
香川県の案内板には、峠の名前や道路傍のお地蔵さんについて次のように記されている。(一部略)
星越峠(標高約110m)
峠を白鳥町から50mほど大内町側に越したところの道の左側に二体のお地蔵さんが祀られているので、このあたりは「地蔵峠」と呼ばれていた。
このお地蔵さんは首切地蔵ともいわれ、これにまつわる伝説もある。
水主神社へ参る人や、四国88ヶ所結願の大窪寺から奥の院の与田寺へ向かう遍路道であり、阿波や五名(ごみょう)・入野山(にゅうのやま)へ向かう商人達が往復した歩荷(ぼっか)の道でもあった。
天正11年(1583)春、土佐の長宗我部元親が大窪越えをして侵入し、虎丸城を攻めたとき、この峠一帯で激しい戦いが行われた。

81 道の辺にそっと座って居りなさる、
案内板に記されていた二体の「首切地蔵」。

人里離れた峠道でも、こうして花やお茶が絶えない。
ここにも祈り続ける人がいる。



82 83 84
85 星越峠を大内ダム方向に越えて間もなく、へんろ道は車道を離れて、いっとき畑中の小道を行く。

車道をほんのわずか離れただけなのに・・・
昔のへんろ旅を彷彿とさせるような風景が目の前に広がる
まことに静かでおだやかな空間
歩き遍路の素晴らしさをしみじみと感じる瞬間である


87 88 89
桜と新緑まばゆい大内ダム。
湖畔には桜が満開。お弁当を広げる若者のグループが居たりして・・・
湖畔を通ると、ほんの少しの区間だが車道を避けられる。
途中ほんの少し荒れた下りの小道がある。道を訊ねたお婆ちゃんが心配してくれたけど・・・特に問題なく通れました。


90 91 うわー 忘れていたけど
もうこいのぼりの季節だったんだー・・・
満開のサクラ こいのぼり
春 春 春




真言宗別格本山與田寺

遠くから與田寺山門の瓦屋根が見えた。
「アー、やっと着いた。でも、あそこに見える校舎の向うだから、もう少し歩かないと・・・」
「うそ、お寺は校舎より手前だったはずよ」
「いやぁ、そんなことはない」
  ・
  ・
  ・
学校とお寺さんとどちらが手前にあろうと大差ない。どうでもよいことで真剣に揉めている二人
でも、そんないっときをむしろ楽しんでいる
ゆっくりと ゆっくりと 二人だけの時間が流れる

(その夜は「同行3人目」殿の足の初マメを治療いたしました。)

102 101 099
097 098 094
095 096 100

092 093 お寺さんには、参詣の人影もなく・・・とっても静かでした。

境内に大きな蛙 説明によると
(大きな声では言えませんが、お寺さんにしてはこの看板、何故かあまり上手な字ではないんですなー・・・思わず写真まで撮ってしまいました)
この「カエル」さんは当院の境内に古来より守護仏としてお祭りされていたものに真似て造られました。
カエルは吸い込む習性があるので、幸福を招き入れると信じられています。
外出・出張・旅行等に無事カエルの意から蛙の信仰から出たもので、これを身につけて災難を免れる身代わり蛙とも称せられ厄除・交通安全のお守りとして霊徳があります。
また、若蛙(わかがえる)として若さとファイトを沸かせます。
   ウーム・・・「若返える」事が出来るなら、何度でも拝んじゃおぅっと!!!




東照寺(田の口薬師)   (東かがわ市 旧白鳥町)

  住宅街にこじんまりと建つ。入ってみると立派なお寺さんでした。

105
106 103
土地の老婦人や自転車に2人乗りでやってきた若いカップルが、無人のお堂にそっと上がり、静かに手を合わせて帰ってゆかれる。
その姿がまことに自然でとても印象的。さすが信仰の篤い方の多い土地柄。


104 説明板によると
本尊薬師瑠璃光如来(伝空海作)
通称 田の口薬師と云う。 開基は奈良時代の行基菩薩である。本尊薬師如来は弘仁12年に弘法大師が満濃の池を修築なされての帰途当寺に立寄られご所持の和(讃岐の土) 漢(中国) 天竺(印度)の土を以って作られた乾湿塑像の薬師佛にして、弘法大師御自作の証として背面に手印と空海の御名が刻されている。大師入定後、大師の高弟である実慧大徳が大師の御遺跡を巡錫なされた折、この地に駐留なされ日本三薬師と名付けられ再興された。




瀬戸内にのぞむ宿


108 107 109
宿のすぐ裏は瀬戸内を望む砂浜。走る人、散歩する人、波打ち際で遊ぶ子供達。
羨ましい限りです。この美しい自然の中で、一人ひとりが生き生きと暮らしている。

114 115 116
夕焼雲のうつくしければ人の恋しき   山頭火

111 美味しそうでしょう。夕飯は、豪華な鯛づくし。特に初めて食べた鯛の「骨蒸し(こつむし)」(薄甘の三杯酢で食べる)は最高。
あまり美味しいので・・・ついつい眼の中までしゃぶっちゃいました。
早速、記念に1枚・・・
112 と思ったら、もう一品出てきました。
ついついお酒もお代わりしてしまって・・・
157 登場 「お瓶づるさま」
実は、女体山を登る時から(という事は、歩き始めた時から)くるぶしに靴が当たり、ヒーヒー言いつゝ何とかここまでやってきた。
特に山道の下りがひどい。もろに当る。平道でも左に傾斜しているところがあるとやはり当る。
薄いスポンジで補強していたので皮膚はまだ剥けていないが、既にかなり赤くなり始めている。
この先が心配。大坂峠、卯辰越え、そして焼山寺・鶴林寺・太龍寺など山越えがどっさり待っている。


そこで「お瓶づるさま」が登場することに。
宿で戴いた瓶を靴の中にいれ、ギュッと紐をきつく締めておく。
すると、翌朝はアーラ不思議。お瓶づるさまの霊験あらたか。
足首部分が丸く広がり、まったくくるぶしに当らなくなる。

お瓶づるさまの申されるには・・・
瓶は安物ではいけない。
高価なお酒の瓶ほど宜しい。洋酒、特にお尻の大きなものが宜しい。
更に続く。一晩だけではいけない。毎晩お世話をすること。

困ったときには、是非ともお試しあれ。
霊験あらたかなりまするぞーーー

     (なにも床の間に置かなくたって・・・)



<<戻る INDEX>> 次へ>>