風にふかれて

大坂峠・卯辰越


117 ヤマトタケルが白鳥になって飛来したという伝説の地、旧白鳥町。(しらとり町 現「東かがわ市」)。
なんとも夢のある町名。
こうした素的な町名が、次々と消え、忘れ去られて行く。
悲しいことだ・・・

子供達は元気に登校して行く。(白鳥神社境内にて)

118 ウーム、別腹ネー・・・でも、今、朝食を食べたばかりだしぃ・・・

119 小海川を渡り、「引田(ひけた)」の町に入って行く。
「同行3人目」殿、足取り軽く今日も快調。
こちらは夕べちょっと度が過ぎて、足取り重く、またまた「ウィーッ」。

120 城壁???
四国の方はとにかく好きなんですよねー。
こうした造り。
あちこちで見かけますです。

122 121 歩いていると、電柱毎に「和三宝」の看板。
如何なる物なるや。是非、お目にかかりたいもの。
「同行3人目」殿は、さすがに分かっておいでのようでしたが・・・
こちらは、一度味わってみたくてしょうがない。(まるで駄々をこねる子供)

ところが・・・気がついたら、なんとその「本店」が突然目の前に現われたではありませんか。
わざわざ道を選んでやって来たわけでもないのに・・・
どうも、いたずら好きの神さんに操られているような気がしてなりませんでした、ハイ。

それならば・・・と、早速一番小さい包みを買い求めてみれば・・・とっても上品な砂糖菓子でした。


東海寺

125 124 123
文治元年(1185年)、屋島に布陣した平家一門追悼のため、四国に上陸した源義経が、最初に宿営した寺として知られる。
義経お手植えの木があったり、弁慶が打ち鳴らした鐘があったりと、こちらもいろいろと由緒あるお寺さん。
長宗我部氏の兵火に罹り焼失、中世に現在のものに復興されたらしいが、海岸近く、民家の間に建つ、こじんまりとした立派なお寺さんでした。




126 127 さぬきあいおい駅で一休み、その先からR11を右折し「大坂峠」(周辺図があります)に向かう。
へんろ標には「右へ大坂峠遍路道」とある。横の電柱には、こまめに歩いておられるご様子の「すっ飛びお気楽遍路」(勝手にそう呼ばせて頂いております)のブルーのへんろマークがあったりして・・・

128 129 138
さあ、大坂峠です。
でも、歩きへんろにとってまったく問題のない道でした。
ハイキング気分で上れる程度の斜度、軽自動車でも走れそうなしっかりした広い道。
寝転んで一眠りしたくなるような爽やかな道。
そして、このコース最大のメイン・イベントは・・・・
そうです。この景色です!!!

130
131 空と海とが溶けあう中を
まるで、追いかけっこをしているような
かわいい島影2つ・・・
まるで「ひょっこりひょうたんじま」の世界が展開します。

いつまでも、いつまでも見ていたい景色。
そうです。こんな素晴らしい景色が目の前に広がる。
歩きへんろだからこそ、味わうことのできる醍醐味。
この景色を見たくてこのコースを選ぶへんろが多いと聞きます。是非、是非、あなたも・・

135

132 大坂峠みちの移り変わり
(途中にあった看板より)
あなたが今歩いてきたこの旧道は、明治7年着工し、明治8年完成したものです。それまで険しかった山道が、とても平坦で良い道になったと「大坂峠改修碑」には書かれています。これは「歩荷(ぼっか)」(人が荷物を運搬する)の道から「駄荷(だに)」(牛馬によって荷物を運搬する)や車の道に大改修されたのです。「歩荷の道」から「駄荷や車の道」への発展は、阿讃の物流の増大が直接原因であり、阿讃両国それぞれの産業経済発展がその遠因をなしているのです。ここから、旧道を約500m上がったところの、道の右側に「不動尊」が祀られ、そこから更に150mほど行くと県境に達します。県境付近が峠となっています。峠には段々になった平地があり、そこに、昭和10年3月、高徳全線開通されるまで営業していた「豆茶屋」がありました。豆茶は一説によると「半搗米(はんつきまい)と大豆を一晩水につけたものを蒸し塩味を加味したものに、谷間の清水を煮立てていれたもの」だそうです。これが、峠を往来する人々に重宝がられ、豆茶屋は憩いの場所として、春などは、近郷の人々の「おへんろさん」接待の場となって賑わっていたといいます。県道、国道の開通と共に道行く人の姿も無くなり、今は草木が生茂るにまかせて、その跡形もありません。


136 「歩荷の道」時代の旅人の苦労は 如何ばかりか
その道も、再び草木生茂る道に返ってゆく

往時の面影残すこの石畳も やがて草木に覆われ
忘れ去られてしまうのか


142
往時の賑わいを 静かに見つめてこられたのか
今は 参る人もなき地蔵尊
過ぎ行くへんろが ただ手を合わせるのみ
143 なーんか、突然、急な長ーい階段が現われたりなんかして・・・思わず手摺を頼りに。

そして、このコース2つ目の見所 「山桜の競演」をしばし御堪能あれ


153
山あいは、目に痛いほどの新緑と、咲きほこる山桜で埋められていた。

139

144

145

154



146 大坂峠頂上付近で県道1号線を左折(明確な標識あり) 鳴門市「ベタノ谷」の林道を「卯辰越」へと向かう
時折り通る林道整備車の他に通るものなき静かな林道をひたすら行く

すぐ傍らで ひときわ澄んだ鶯の声
過ぎ行くへんろを
静かに見送るは 満開の山桜

149
みちのべの 小さな花にも 心うごかし

150
卯辰越え 山のかなたに かすむ徳島

疲れた脚には、ここから町までの下りが何とも長い。
救いは 新緑の中に咲き誇る山桜。
大きくうねりながら車道がどこまでも続く。
(卯辰峠頂上付近。徳島の町が遥か彼方に霞む。)

158 徳島の今夜の宿は「かどや椿荘」。
さすがにシーズン真っただ中、へんろ客で賑わう。
3組の夫婦連れ、親子連れ、3人の独りへんろなどなど。

「何や、片方だけの靴があるんやけどー・・・」
翌朝、玄関が騒がしい。
片側だけの靴がある、と大騒ぎをしている。
足はへんろの基本。靴が片方だけとは、これは一大事、
これは事件、と心配してくれたらしい。

のー・・・そのう・・・実はー・・・

黙っているわけにもゆかず割って入って、何とも締まらない言い訳。
一同大笑いして納得。
昨夜もう一方の靴は、部屋でお瓶づるさまのお世話になっていたわけでしてぇ・・・。
もしも、玄関で靴の中に瓶が立っているのを見たら、皆さんもっと吃驚なされたかも・・・




<<前に戻る INDEX 次へ>>