風にふかれて

藤井寺〜焼山寺・なべいわ


271 269
焼山寺への道は快適  マールイお顔マールイ心
265
 お地蔵さん
 飾る花はシャガ一輪


272
霞む吉野川流域
(焼山寺への上り、端山休憩所にて)

励まされ 見守られての登り道

266 267 281 270 275 273 274 287 276
277
279 280
     (柳水庵)

268 284 285 正面に御立ちになるのは
へんろ姿の「お大師さま」
いえいえ、お間違えになりませんように。居られるのは、
ずーと奥です
 (一本杉庵にて)
289 294
(左右内集落を下る)
292 ここにも、日本の原風景が残る
 (左右内集落にて)
291 295
297
    「ムラサキサギゴケ」


298 100mほど通り過ぎてから引返した。
どうしても気になった。
「サキニイツテマス」と書かれているが・・・
ナッ、なーんと石だ。文字の形に石が置かれていたのだ。

置いた方の遊び心、いえ心のゆとりを感じました。


さあ、焼山寺到着です お疲れさまでした

306
304 305 307
さすがに参詣者で賑わっている


焼山寺奥乃院へ

310 310
整備され歩き易い道 巨大な「サルノコシカケ」があったりして・・・
315 これが「大蛇封じ込めの岩」とか・・・

天を突く?大岩がそびえる

313 314 309 308 納経所で尋ねたら上り口を教えてくれた。
でも、最後に一言「まだ行った事ないんだけどね・・・」、ベテランの方のようでしたが・・・
路は明快。斜度はそこそこ。頂上の眺め良好。いろいろと楽しめます。焼山寺から高度差たったの238m。
一度訪ねられては如何かな。おすすめの場所です。


焼山寺を下る

319 321
324   下りはのーんびりと、
   今日一日の余韻を楽しみながら・・・
    この開放感、何ともいえませんなぁ。
     宿ではビールも冷えてます。熱ーいお風呂も待ってます。
      これぞ歩きへんろの醍醐味です。


332 この位置に宿のあることの有難さをつくづく感じる。
足早の方は寄井、阿野あたりまで楽に行かれるが、年寄りにはとてもとても。
 (なべいわ荘)
328
327
      夕食
330
      朝食




<<前に戻る INDEX 次へ>>