風にふかれて

なべいわ〜大日寺〜観音寺


なべいわから大日寺へ

336 339 340
358 鍋岩からほんのひと汗で玉ヶ峠。
玉ヶ峠から本名までの約5kはゆるい下り。
眺望良く道の辺の花に彩られた気分のよい道が続く。
348

334 四国の貴重な植物 「雪餅草(ユキモチソウ)」
四国を主として本州中部(奈良、三重、静岡)に分布するサトイモ科テンナンショウ(天南星)属の雪餅草。
花序の外側を取り巻く大きな葉のようなものは仏炎苞(ぶつえんほう)。中の花序を仏像、苞を仏像の炎に包まれた光背に見立てたもの。
仏炎苞に包まれた花序の上部(附属体)が白く、球状に膨らんで餅のようになるため、「雪餅草」の名がある。
各地で園芸用に採取されるため、自生地が少なくなっている。 高知県ではまだよく見られるが、貴重な植物。大切に保護したいものである。


362

344 斜面に張り付くように立つ家々
鮎喰川が遥か下を蛇行して流れる

361
352
337 359 323

355
ここにも日本の原風景が残されている。
高所恐怖症のはずが・・・「同行3人目」殿はよほど気分がよろしいのか、鼻唄まじり。


363
364 368
ちょうど地元の小学校では入学式
桜は満開・・・思い出しますなぁ 幼き日を・・・

でも、「同行3人目」殿はそんなおセンチを横目にさっさと先を行かれる。
女は益々強くなるんだよなぁ・・・(でも、あとで判明。トイレを探していたんですって)


367 366 365
風力発電機を備えた無人へんろ休憩所。
関連企業と地元の方々との合作とのこと。
まことに有難い事です。お世話になりました。

369
              (大日寺にて)
370

常楽寺

371 372 373
375
常楽寺「流水岩の庭」

378
なにか不吉な予感!!
 あくる日、それは現実となった。
寝ていたはずの黒猫が、一瞬、何故かキッと鋭く睨らんだ。
(慈眼寺にて)

国分寺

379 381
380
  尽きることなき祈り

382



383 384 545
この日「こう駅」は、満開の桜に彩られていた。
結果的に、今回二人で歩けたのはここまで。
忘れられない駅となりました。
(この日はここから宿まで電車で)

今夜の宿は徳島市内の二軒屋駅前オリエントビジネスホテル(1〜2階レストラン 3〜4階客室)
利用しやすい場所で遍路パック料金等もあり、とても満足できる宿でした。




<<前に戻る INDEX 次へ>>