風にふかれて

突然の出来事

宿泊したホテルでの朝。それは突然であった。
1階への階段を降りかけた「同行3人目」殿に声を掛けたのがいけなかった。

振り向いた身体を元に戻そうとしたその瞬間・・・足が宙を舞い「同行3人目」殿は、
何ということか・・・そのまま2階から1階の床へ
  
  

  ←

  

  →

  

  転落!!


救急病院での診断結果は「腰椎第二・三・四 右横突起骨折」

整形外科の院長先生いわく「ポッチャリしちょるけんよう写らんけど・・・」
(ウーム・・・先生誠に上手い表現をしなさる。いやいや感心しちょる場合ではなかった)

薄く小さな骨なので、レントゲンの写りが悪く何番目まで折れているのか確定できないとのこと。
写真には骨片らしきものが数個ぼんやりと写っている。
頭のてっぺんにはこぶし大の「巨大なこぶ」、心配したが幸い頭蓋骨に損傷なしとのこと。
「先生、外側より中身の方が心配なのでは?」思わず訊いてしまったが、院長慌てず「そちらは様子を見ながら・・・」

院長の説明によると
幸い腰椎そのものは潰れていない。
「突起」は腰椎の左右に小さく張り出した小さな骨、機能的には無くても差し支えないようなものだが、折れた部分が周辺を刺激するので当分痛む。
痛みが無くなるまで20日間ぐらい必要。
必ずしも折れた骨が全部元通りつながるまでという事ではなく、折れた面が丸みを持ち周囲を刺激しなくなるまでの期間ということらしい。
骨片が自然吸収されて無くなってしまうケースもあるという

大変親切な院長で、こちらが遠くから来たへんろだと分かると、既に入っていた患者と入れ替えてまでバス・トイレつき個人用病室を用意してくれたり、看護婦に添い寝用のベットの準備(当然私のため)をさせたり・・・とてきぱき指示。
部屋の入替について、空き部屋の状況を確認された看護婦が何か渋っていたら、
「ぐちゃぐちゃ言ってないで早くやりなさい」。
ベットについても、「添い寝はしないから要らない」と言うと、看護婦「先生が入れろと言ってますから・・・すいません、とりあえず入れといて下さい」・・・看護婦も少々音を上げているご様子。

「ウーム、これは高いかな」、一瞬思ったがそんなことを言っている状況ではない。
しかし、結果的には差額ベット代の請求等まったく無く、すべて院長の好意そのものによるものでした。ほんとうにお世話になりました。

しかし考えてみれば、まことに「同行3人目」殿は強運の人。
過去にあわや・・・という事故を何度も経験していながら、その都度、事なきを得ている。
「三度目の正直という言葉があるから、今度は気いつけんといかんよ」
そう言われながらとっくに3度目を通り越しても、まだ無事生き延びていなさる。

今回の場合も、頭蓋骨陥没、腰椎損傷、軽くても腕や足の骨折・・・いずれも充分ありえた事故である。
にもかかわらず、骨折してみれば在っても無くてもよい骨だったなんて・・・・

そんな骨が体の中にあったこと事態不思議な気がしてならないのに、もろに転落したのにそこが折れただけで済むなんて・・・考えられますか・・・こんな幸運がそうそうあるとはとても思えませんよねー。
更に更に・・・事故ったホテルから50mほど、すぐ近くに救急病院があり、それがまた整形外科の専門医だったなんて・・・出来過ぎですよねぇ。

これまでの事故を想いなおして見ると、共通点はすべて「転落」。
山の岩道で頭から転落、自転車でコンクリートの側溝に転落、ホテルの入口でつまずき頭で厚いガラス戸を突き破る・・・そして今回。

いずれも一歩間違っていれば、「ハイそれまでよ」というような事故ばかり。
腕一本、指一本折ることなく、総て大事無く済んだということは・・・・・

これは・・・もしかして、強力な背後霊とか、守護神が・・・・
そんなものまともに信ずる気にはならなかったけど・・・これはどうも、そんなものが守ってくれているとしか考えようがなくなってきたぞぅ・・・

ところで、「てんらく」というと・・・安楽寺で何度も唱えた薬師如来のご真言「おん ころころ・・・・」を、どうしても連想してしまう。
「ころころ」はまさに転落そのものじゃないですか。
というと・・・エッ・・・もしかしてっ・・・怪我や病気に霊験あらたかな仏さん。
そうです。畏れおおくも薬師如来が・・・
ウーム、薬師如来が背後霊・・・いや「霊」ではないから
「守護神」
いや仏さんだから、「守護仏」
お薬師さんが「守護仏」だなんて・・・これは大変なことになってきたぞぅ・・・
そんな事ってありだろうか。
今までの実績からすると、「同行3人目」殿は怪我にも病気にもどうやら強い・・・やっぱり、ありかもしれんなぁ・・・
とするとー・・・今まで「同行3人」だったはずが・・・本当は「同行4人」と言うことになるんかいなぁ・・・・・・
これはどうも、頭が混乱して来たぞー・・・・・



「同行3人目」殿はとみると、いくら要らない骨とはいえ骨折しているわけだから、痛さだけは本物・・・らしい。(こればかりは本人以外ようわからん)
身体をほんの少し動かすだけでもギャー・・・・・と物凄い悲鳴を上げているところをみると、痛いのは確かなようだ。
それでも飲み薬とシップ、固定ベルトが効果を発揮しはじめ、そろりそろり程度ながら少しずつ歩くことが出来るようになった。
ベットから起きたり、戻ったりするのが結構苦痛のようだったが、脇から支えたりするととんでもなく痛がる。
かえってマイペースで、ゆっくりゆっくり動く方がいいらしい。

一日付き添ったが何もすることがない。命に別状なし、後は時間の経過を待つだけ。
しかも、完全看護の病院となると付添は何とも暇になる。

脇で居眠りしていると、「同行3人目」殿、見かねて
「ねー、独りで歩いてきたらぁ・・・そこでそうやっていられるとうっとうしいからぁ・・・」

どうやらトラブルによるへんろ中断を大変気になされているご様子。
こうとでも言わねば、こちらが動かんと思ってのことか。

邪魔でも居れば何かの役には立とう。まして他国での入院生活、いくらなんでも独りでは心細かろう。
でも、中断させた事の心苦しさを解放してやるには、言葉で単に「そんな心配するな」と言っただけでは不十分かも。
ウーム・・・ならばいっそのこと、この際お言葉に甘えるほうが効果があるかもしれない。

「何と勝手な解釈」「冷たい奴」と罵ること無かれ。
血液型Bは、そう決めたのである。
「・・・んじゃー、帰りの飛行機の日まで行ってくるわッ」。

かくして、心を鬼にしながらも、思いもよらぬ「へんろ独り旅」が明日から始まることになったのである。
(心を鬼にしたはずなのに・・・いささか心弾んでいたのは何故だったのだろう???)

545 544



<<前に戻る INDEX 次へ>>