<<HPトップへ

風にふかれて

春の鎌倉 花の寺巡り 2012/4/8


春の鎌倉33観音巡りなんて・・・ちょっと素敵じゃない!!!
 でも、せっかく行くんだから・・・花で有名なお寺さんも一緒に・・・
  行くとなると だんだん欲が出てまいりまして・・・

結局 33観音すべてを巡ることは出来ませんでしたが
 先を急ぐこともなく 足の向くまま気のむくままに 
  ただ只 のーんびりと 散策をしてまいりました

鎌倉はお寺さんの多い街
 ほんの少し歩いただけで 次のお寺さんがすぐ現れるので ほとんど疲れることもなく
  たった3日間でしたが 心に残る楽しい旅をすることが出来ました

今度行ってみようかなと思われる方のために
 写真だけではなく お寺さんの歴史や由縁なども簡単に書き添えてみました
  どうかお時間の許すかぎり お付きあい頂ければ幸いでございます


 --日程--
・第一日目・・・鎌倉駅東口周辺
     本覚寺、妙本寺、教恩寺、別願寺、安養院、妙法寺、安国論寺、長勝寺、鎌倉八幡宮、
     寳戒寺、荏柄天神社、鎌倉宮、瑞泉寺
・第二日目・・・北鎌倉駅周辺
     円覚寺(仏日庵)、東慶寺、明月院、浄智寺、建長寺、海蔵寺、英勝寺、壽福寺
・第三日目・・・長谷駅周辺
     長谷寺、光則寺、鎌倉大仏(観月堂)、成就院、極楽寺




2012年4月8日(日) 第一日目

              「本覚寺」

398
故郷を 朝5時過ぎに発ち
 横須賀線 鎌倉駅着9時過ぎ
  鎌倉駅東口下車

駅前の 県道21号を渡り
 鎌倉郵便局横の路地を
  そのまま直進すると・・・
    (正面に見えるのは鎌倉駅)


399 400
「本覚寺」の裏門前

本堂に上がるとお釈迦様
 甘茶のお接待がありますよ・・
  ・・・ご親切な御方が・・・




源頼朝が 幕府鬼門の鎮守として建てたお堂が
 現在の本覚寺の 山門のあたりにあったとか

佐渡配流から帰った日蓮が 一時このお堂に滞在
 辻説法などの拠点としていたゆかりで
  1436年にこのお堂を日蓮宗に改め 「本覚寺」が創建されたという

後に 身延山への参詣が困難な老人や女性のために
 日蓮の遺骨が 身延山から本覚寺に分骨され
  本覚寺は 「東身延」と呼ばれるようになったという

402 403 405
裏門から長い参道を進むと、
 本堂の右手に出る
本堂右手の見事な枝垂桜。
 まだかなり花が残っている
本覚寺本堂
 桃・カイドウ・白蓮などが
  境内を彩るという

409 410 411
本堂正面には お釈迦様
 そうでした 今日は4月8日
  三々五々 参詣者が甘茶をかけて行かれる
本堂右手の枝垂桜 行きずれの参詣者と四国お遍路の話に花が咲く
 いずれのお方も
  「一度は行ってみたいんだけどね・・・」
   関東からだとちょっと遠いですからねぇ

412

山門から本堂を望む
 長い参道が続く広い境内
  (只今、山門工事中)
 



              「妙本寺」

4


本覚寺の山門を出たところで
 小さな橋を一つ渡ると
  そこには 妙本寺への長い参道が続く
4



かつて妙本寺の場所は「比企能員」(ひきよしかず)の屋敷跡

”比企能員”は、鎌倉幕府初期の御家人  頼朝の旗揚げ以来 数度の合戦で功を立てた
 ・能員の伯母は、源頼朝の乳母
 ・能員の妻は、二代将軍・頼家(頼朝の長男)の乳母
 ・能員の娘、”若狭局”は頼家の妻で”一幡”を生んだ
将軍の外戚となった能員は勢力を伸ばし”北条時政”と並ぶ権力者となった

一方、
「北条時政」は、伊豆・北条(静岡県韮崎)に勢力を持つ豪族
 長女の”政子”が、当時「流人」であった源頼朝と結婚
 その後は挙兵から 鎌倉幕府創設まで、頼朝の後ろ盾となって働いた

北条時政と比企能員とは、1199年 頼朝が没(満51歳 死因は落馬といわれるが定かではない)すると
 将軍後継ぎ問題に端を発して当然の如く不和が表面化

1203年 北条時政は 比企能員を自邸に招いて謀殺
 更に兵を比企の屋敷(現妙本寺)に差し向け比企一族を皆殺しにし
  頼家を引退に追い込んだ上 伊豆・修善寺で殺害

その後、北条時政は 頼朝の次男「実朝」を三代将軍にして
 自らは執権と称し ナンバー2の地位を確保
  幕府内部で権力の限りを尽くした

妙本寺は
 生き残った比企能員の末子 ”比企大学三郎能本”が
  自ら帰依する日蓮上人のためと 比企一族の霊を弔う為
   お堂を建てたのが始まりといわれ 以後日蓮宗の重要な拠点になったという

416 419 422
山門をくぐると
 さらに長い参道が続き・・・
奥に石段があり
 その上に第二山門
朱塗りの第二山門が
 ひときわ鮮やか

423 424 425
山門の傍らには 大木の桜 山門をくぐると広い境内
”春”を愛でる参詣者で賑わっている
 


437

見事な桜に
 まずはカメラを向けたくなる


428

しだれ桜の奥に
 カイドウの蕾が
   真っ赤に燃える 境内の一角


428
見事な枝振りのカイドウ
 ちょうど咲き初めたところ
426
庭の片隅にお大師様???
 いえいえ、よく似ているけど・・・日蓮様
  そうです ここ妙本寺は日蓮宗
   それにしても見事な桜です


434 432
このカイドウは まだ蕾・・・ 境内の新緑が眼に痛い

439 441 4
そっと手を合わせ
  お釈迦様に甘茶を・・・

幼き日の想い出が
  あざやかに蘇える
一歩境内を出れば・・・
     街の中も春・はる・ハル
 



              「教恩寺」   鎌倉33観音12番札所

443 妙本寺から
 先ほどの橋のたもとまで一旦戻り
  橋の手前を右折すれば
   ほどなく「教恩寺」

教恩寺は こじんまりとした本堂  住宅街にひっそりと建つ

平家軍は一ノ谷の合戦で大敗、平清盛の五男 「重衡」(しげひら)は
 捕らえられ鎌倉へ送られてきた

重衡の態度に感心した源頼朝は 客として厚遇
 一族の冥福を祈るよう 阿弥陀像を与えたという

その像が教恩寺の本尊  運慶作と伝えられている
 重衡が往生できるよう祈願すると
  阿弥陀像が 三度うなずいたという伝説もあるとか


444 450 445
  入る時には気づかなかったが
 山門後ろには古刹を思わせる桜の古木が
街中なのになぜか人影もなく
 境内には桜や椿、花ラッキョウなどが
  咲きほこるまことに静かな寺

446 447 448
  教恩寺本堂 庭の片隅には
 花ラッキョウが静かに咲いている



              「別願寺」   鎌倉33観音13番札所

別願寺は時宗派の寺。
 鎌倉における時宗の中心となった別願寺は 室町時代には足利一族が深く信仰
  鎌倉公方代々の菩提寺として栄えたとか

徳川家康からも 寺領を寄進され寺勢を誇ったが
 以降 次第に衰微したという

452 4

教恩寺からさらに直進
 県道311号線に出たら左折
  200m.ほど行くと「別願寺」

民家の玄関にお賽銭箱・・・
 そんな感じのお寺さん

傍らで草取り中のおばさんに
 「こちらは別願寺さん・・・」と 思わず確認してしまった
  もしかして・・・
   あのおばさん、当寺の大黒さんだったかしら・・・




              「安養院」   坂東33観音・鎌倉33観音第3番札所


455 4 4
別願寺のすぐ先隣に・・・安養院 政子ゆかりの寺
 ツツジで有名だが
  今はまだ・・・
安養院は政子の法名


尼将軍と称される北条政子が
 夫 源頼朝の冥福を祈るため
  建立した寺「長楽寺」が前身との伝

その後、鎌倉末期に現在地に移され
 「安養院」になったといわれる
   なお、安養院は政子の法名

1680年に全焼したため
 頼朝に仕えていた田代信綱が
  かつて建立した「田代寺」の観音堂を移し
   「安養院田代寺」となったとか

458 459 460
庭の片隅には観音堂 境内には樹齢700年の槙の大木 当寺を開山した
 上人お手植えの槙との伝





              「妙法寺」

461

安養院を出て 県道311を200m.ほどそのまま直進。
 二股の道を左に分岐すれば
  200m.ほどで「妙法寺」

後醍醐天皇の子”護良親王”(もりながしんのう)
 その子”日叡”は日蓮を偲び
  かつ父・護良親王の菩提を弔うために
   この地に堂塔伽藍を建て、「妙法寺」と名付けた

境内奥右手山頂には
 護良親王の墓
  左手山頂には母・南のお方と日叡自身の墓

江戸時代には、11代将軍家斉はじめ
 将軍家および徳川御三家、
  肥後細川家などの尊崇を集めた

総門、仁王門、法華堂が朱塗りであるのは
 将軍家斉を迎えるためであったとされ
  明治中期までは 境内に”将軍御成の間”が遺されていたという

また、現在の本堂は
 文政年間に肥後細川家により
  建立されたものとか

462 463
入口近くの民家に咲く桜も満開 妙法寺山道

466 467 468
  正面は「妙法寺」本堂   もみじの若葉が鮮やか    本堂


472
          素敵な春のひとこま
             つばきが ひときわ鮮やか

474 476
 庭には桜、そして桃  桜の道をさらに奥に進めば・・・



480 481
苔むした石段が山の上へと誘う・・・
 と思ったら 通行禁止の立て札
  歩けるのは その隣にある狭い急な石段

そうでしょう。
 参詣者がみんなで踏み込んだら
  名物の苔もすぐ荒らされてしまう・・・
   (でも・・・ちょっと騙された感じがしたのは
     私だけだったでしょうか)


483 484 486
更に石段を上に進むと・・・ 松葉谷(マツバガヤツ)小庵跡
 清澄寺で日蓮宗を開いた日蓮が
  鎌倉”名越”での布教拠点とした庵の跡地
 



488

更に山辺の急な小路を上りきると
 ”大塔宮護良”(ダイトウノミヤモリナガ)親王の墓

親王は後醍醐天皇の皇太子
 建武の中興成就に尽力、征夷大将軍となったが
  のち鎌倉二階堂に幽閉され 28歳で無念の生涯を終えた。

487


490

近くからは鎌倉市街が一望できる
 そしてその先には由比ガ浜、稲村ヶ崎
  そして相模湾
   木々の芽吹きが紅い




              「安国論寺」

安房から鎌倉に入った日蓮が松葉が谷に来て、初めて草庵を結んだ所の一つで
 日蓮は20年この地で過ごし その聖跡が寺となったという

日蓮39歳 ここ草庵で「立正安国論」を著し前執権・北条時頼に建白したが
 その為、度重なる法難を受けることとなった

安国論寺裏山には 日蓮上人が松葉が谷焼き討ちの法難の際
 白猿に袖をひかれて避難したといわれる南面窟あり

495 496
妙法寺から
 先ほどの「二股」からの道に一旦戻ると、
  そこは「安国論寺」の入口
   妙法寺から200m.ほど
「安国論寺」山門

497 498 499
  参道脇のミツバツツジが迎えてくれる  

500 502 503
一人100円以上の喜捨願い
 いずれのお寺さんも
  お金、お金、お金・・・
妙法桜、シダレモモ、カイドウ、
 サザンカの名木で知られる
正面は「安国論寺」本堂
 本尊は釈迦牟尼仏

504 506 507
今日は本堂脇の桜も満開
 日蓮の草庵跡が本堂脇
  桜の咲く辺りにある
どこのお釈迦様もつばきの赤が印象的
 こちらは珍しく本堂に上がる事が出来た
境内には、
 そっと参詣者を見守る石仏が・・・
  雰囲気を添える



             「長勝寺」

510

安国論寺を出て100m.ほど南進
 県道311号と横須賀線が交差する
  「名越踏切」を渡りすぐ右折すると・・・
    そこは長勝寺参道

511 512
  参道に連なる桜並木


日蓮が伊豆伊東に流されたのち許されて帰還した際
 この地の領主”石井長勝”が小庵を日蓮に寄進したのに始まるといわれる

境内に入ると高村光雲作の高さ8メートルの日蓮上人像と
 それを囲むように安置された四天王像(仏教の守護神)が目に入る

長勝寺は「荒行」でも知られ
 極寒の中での100日間の荒行が満了し、僧達が帰山する際
  日蓮ゆかりのこの地で最後の水行が行われる
   今では鎌倉の冬の風物詩とか

513 515
多くのカメラマンが
 満開の桜の下に三脚を立て
  光雲作の「四天王像」を狙ってる
 


514
ウーム・・・  絵になりそうで撮ってみると難しい

516 517 518
うーむ・・・
 全く季節感ゼロの写真
   

519 520 522
結局 写真は
 ものになりませんでした
参道のボケの朱が鮮やか




              「鎌倉祭り」

4月8日 たまたま鎌倉祭りにぶつかった

昭和34年から始まる
 市観光協会主催の鎌倉を代表する観光行事とか
  静の舞、神輿パレード、頼朝公墓前祭、流鏑馬、義経慰霊祭などが
   八幡宮ほかゆかりの地で行われるという

525

鶴岡八幡宮から続く若宮通りは
 神輿と人で埋まっていた

鶴岡八幡宮の参道「若宮大路」は・・・
 頼朝が政子の安産を祈願して造営させたもの
  そのとき誕生したのが”頼家”

しかし・・・
 頼朝急死後、16歳で2代将軍となった頼家は
  弟の実朝を担ぐ北条氏と 比企氏との権力争いに巻き込まれ
   伊豆修禅寺に幽閉されたのち 北条氏に暗殺される
    頼家 満21歳の夏


529 5 534
若宮通りの人混み でも・・・人波をちょっと離れると、
とっても穏やかなこんな光景も・・・
   こちらも・・・二人だけの世界

536 539 551
こんな光景も・・・

548 5 559
?????????
この場面、行きつ戻りつ真剣に、なーんか一生懸命やっているんだが・・・何をしようとしているか全く分からん(八幡宮前)

563 564
八幡宮の甍 ご覧の通り、八幡宮前は人でぎっしり・・・




              「宝戒寺」  鎌倉33観音2番札所

565
鶴岡八幡宮三の鳥居前の交差点を
 右折して200m.ほど直進すると突き当りに宝戒寺
  「萩寺」ともよばれる花の寺


宝戒寺は 鎌倉幕府滅亡ゆかりの寺である
 この地は北条氏代々の屋敷跡

鎌倉幕府は 新田義貞の鎌倉攻めにより滅亡、北条一族は滅びた
 北条高時は、新田義貞の軍に追い詰められ
  東勝寺(現在の宝戒寺の裏山にあった)で自害
   一族郎党870余名も運命を共にした

宝戒寺の近くには
 北条氏一門が火を放って自害したと言われる東勝寺跡や
  「高時腹切りやぐら」がある

北条一族の慰霊のため
 後醍醐天皇が足利尊氏に命じて
  北条執権の屋敷跡に建立させたのがこの宝戒寺

足利尊氏も後醍醐天皇に奏して、寺領を寄進
 その「寄進状」に『ひとえに亡魂の恨みを宥(なだ)め
  遺骸のつみを救うために....云々』とあり
   痛ましい死をとげた怨霊への恐れを述べているとか

567 568
境内には四季を通じて花が咲く
 特に冬の枝垂梅が見事とか
  秋には境内一面に白萩が咲くという
どこもかしこも
 木戸銭催促の立て札ばかり

569 571 572
宝戒寺本堂   こちらのお寺さんも
 本堂に上がらせていただけた



              「荏柄(えがら)天神社」

574 宝戒寺から県道204号を東に向い
 「岐れ路」を北側に分岐
  桜や 花桃の下を500m.ほど北東に進むと・・・
575 荏柄(えがら)天神社
 なんでお札(ふだ)を撮ったのかってぇ・・・

別に他意はないんだけど
 これが鳥居の傍の「看板」だったのでついついシャッターを・・・

   「まずお札を求めよ」との思いが強烈に伝わってくる珍しい看板
  でも・・・買いませんでしたけど・・・

福岡の大宰府天満宮・京都の北野天満宮と並び
 日本3天神といわれるとか

平安時代 雷雨と共に天神の姿絵が
 降りてきたのを敬い 社を建てたのが始まりで
  鎌倉幕府の鬼門を護る社として崇められてきたという

577


579 582 584
ご神木の大銀杏・・・
 とっても痛々しい老木でした
これだけ沢山の願いを・・・
 天神様、捌き切れるのかなぁ・・・
  願った人を間違えてしまったりして・・・
   神ならぬ凡人の要らぬ心配でしょうが・・・




              「大塔宮(だいとうのみや)」(=鎌倉宮)

586 荏柄天神を入口まで戻り
 更に300m.ほど元の路を進むと・・・
  大塔宮(=鎌倉宮)

たまたま境内で骨董市などやっていたこともあり
 多くの参詣者で賑わっていた

”護良親王”(もりながしんのう)”後醍醐天皇”の皇子。
  6歳の時に京都の三千院に入り、11歳で比叡山延暦寺に入室、
   天台座主(てんだいざす)となる

大塔宮と呼ばれたのは、東山岡崎の法勝寺九重塔(大塔)周辺に
 門室を置いたとみられることから

後醍醐天皇は、鎌倉幕府の専横な政治に国家の荒廃を憂え、
 親王と共に1331年、比叡山にて討幕の挙兵をする手筈だった
  しかし、この計画は側近の密告により
   天皇は捕らえられ隠岐に配流される

親王は還俗(げんぞく)して、名を護良(もりなが)と改め、
 天皇の代わりとなって”楠木正成”らと大群を吉野城や千早城に引きつけた

この間にも親王からの討幕を促した令旨(りょうじ)に
 各地の武士が次々と挙兵、
  中でも”足利尊氏”、”赤松則村”らは六波羅探題を落とし、
   また”新田義貞”が鎌倉に攻め込み、
    遂に鎌倉幕府は北条一族と共に滅んだ(建武の中興)

後醍醐天皇は京都に還御(かんぎょ)
 親王はこの功により兵部卿・征夷大将軍となる

後醍醐天皇の倒幕運動は遂に成功を見た。
 しかし論功行賞において側近が優遇され
  多くの武士層が冷遇されたため
   新政への支持を失わせ、尊氏の離反を生むこととなった

親王は尊氏による幕府擁立を危惧し兵を集めた
 ところが、逆に尊氏の奸策に遭い捕らえられ
  鎌倉 東光寺の土牢に幽閉された(1334年)

翌年 残党を集め鎌倉に攻め入った北条時行の軍に破れた尊氏の弟、足利直義は
 逃れる際に家臣に親王暗殺を命じた
  そのため親王は28歳という若さで生涯を閉じることとなった

明治2年、明治天皇は建武中興に尽くし、非業の最期を遂げた護良親王に対して、
 親王の遺志を高く称え永久に伝えようとして、親王終焉の地、
  東光寺跡に神社を造営、自ら「鎌倉宮」と名づけたという

587 588
  おっ・・・巨大な獅子頭
 鎌倉宮の祭神「護良親王」が
  戦いの時に兜の中に
   獅子頭の小さなお守りを忍ばせて
    無事を祈った事が由縁とのこと





              「瑞泉寺」  鎌倉33観音6番札所

590
大塔宮から1キロほど
 道野辺の花を愛でながら
  東進すると・・・
   辿りついたは 瑞泉寺
592 594


瑞泉寺は、鎌倉二階堂紅葉ヶ谷の奥の風光明媚な場所に
 夢窓国師により鎌倉末期に創建された

夢窓国師は、五山の住職に就かれること八度
 開かれた主な寺六ケ寺
  南北両朝の帝から賜った国師の号は七つ、
   これにより世に「七朝の帝師」と称えられたという

仏殿背後にある夢想国師が修行に使ったといわれる
 岩を穿った庭園は有名

595 596 5
辿りついたは「瑞泉寺」。

598 599 601
緋寒桜が満開   どこまでも歩いて行きたくなるような・・・
 とてもしずかな・・・
  しずかな古径がつづく

6 6 6
  枝垂梅、ミツマタ、
 紅葉で知られる庭
 

609 612
夢想国師が想を練ったと伝えられる仏殿背後の庭園
 岩を穿った禅の庭が池に映りこむ

拝観の皆さん、一応感心したような顔を
 なさっておいでじゃが・・・
  やっぱり判らん
境内に「どこもく地蔵尊」あり。
縁起に曰く・・・
 昔、堂守困窮し逃亡を謀る
  地蔵尊夢に立ちて曰く
   「どこもどこも」

その意を問うに
 八幡宮正覚院任持答う
 「この世はいずこも苦
  楽を求めて逃げんよりは
   辛抱忍苦を学ぶべし」

かくて堂守は地蔵尊に一生使えしと
 「どこも地蔵尊
   どこも苦地蔵尊」
    と呼ばれる由縁なり

614 615 616
     

617 618
  訪れる人も疎ら
 一隅を緋寒桜が朱に染めていた




来た道を県道21号まで戻り、鎌倉駅へ。
 今宵は藤沢の「ホテル法華クラブ」泊
  料金も待遇もリーゾナブルな宿でした


817
 



<<HPトップへ