<<HPトップへ

風にふかれて

春の鎌倉 花の寺巡り 2012/4/9





2012年4月9日(月) 第二日目

             「円覚寺」   鎌倉五山第二位


620 6 6
JR藤沢駅から北鎌倉駅下車
 改札もない無人駅。
   
登校する高校生の集団に
 押し出されて降りたところは
  なっなーんと・・・
   岩をくり抜いた道・・・
    らしき場所

何となく彼らと一緒に
 潜ってしまったが・・・
  どうも方角が
   尋ねた散歩のおっさん・・・
   「反対じゃ!!!
戻ってみれば・・・
 わずか1分ほどで円覚寺門前
朝早い円覚寺は
 まだ人影もまばら・・・
  (正面は円覚寺総門)

円覚寺は 臨済宗円覚寺派の大本山 鎌倉五山第二位
 寺名は「えんがくじ」と濁音で読むのが正式

執権北条時宗が 元寇の戦没者追悼のため創建
 鎌倉時代を通じて北条氏に保護された

現在も禅僧が修行している道場あり
 かつて夏目漱石や島崎藤村も
  ここに参禅したことがあるとか

623 626 6
拝観受付のおっさんも
 まだ暇を持て余している・・・
  まだ眠そう
思わず見惚れるほどの見事な桜 正面は円覚寺山門
 さすが鎌倉五山第2位
  まことに大きく
   堂々としている。


650 651
満開の桜が張出した庇と調和する


629 653 631
山門 門柱の下部。全てデカイ 円覚寺仏殿

632 6 638
本尊は釈迦如来坐像 本殿の天井には白龍図
 (前田青邨監修守屋多々志作)
木組みも美しい仏殿の庇



           「佛日庵」   鎌倉33観音33番札所

642 円覚寺の仏殿からさらに奥へ進むと
 「仏日庵」(左側白壁)
佛日庵は 円覚寺の仏殿を通り過ぎてさらに奥
 白壁に囲まれた静かな場所にある

円覚寺を開基した北条時宗の廟所であり
 北条氏の廟所でもある

廟所には 聖観音坐像(鎌倉33観音33番札所)と
 北条時宗、貞時、高時の各木像が安置され
  また、お堂の下には各遺骨を納めた石櫃があるとの伝あり

本堂には 南北朝期の
 地蔵菩薩坐像(鎌倉地蔵霊場十四番)が安置されている

6 644

646
門を入って振り向くと・・・
 大木の白木蓮が白壁に映える




             「東慶寺」   鎌倉33観音第32番札所

654
円覚寺から北鎌倉駅近くの踏切を渡り
 県道21号を100m.ほど南進すると・・・
  そこは東慶寺

655 657

東慶寺は、鎌倉幕府第9代執権北条貞時が建立
 初代住職は 8代執権北条時宗の夫人 覚山尼(かくさんに)
  夫人は夫の時宗死後、出家して尼となった

東慶寺は 現在は男僧の寺だが
 明治36年までは代々尼寺
  ”尼五山の第二位の寺”であったとか

後醍醐天皇の皇女”用堂尼”が5世住持として入寺してから格式の高さを誇った
 江戸時代には、豊臣秀頼の娘の天秀尼が20世住持として入寺している

東慶寺は、近世を通じて群馬県の満徳寺と共に
 「縁切寺(駆け込み寺)」として知られていた

江戸時代、離婚請求権は夫の側にしか認められていなかったが
 当寺で3年(のち2年)の間修行をすれば離婚が認められるという
  「縁切寺法」という制度があった

幕府公認の縁切寺として、江戸から多くの女性が東慶寺を目指した
 ただし、女性が駆け込んできてもすぐには寺に入れず
  まずは夫婦両者の言い分を聞いて
   夫が離縁状(いわゆる「三下り半」)を書くことに同意すれば
    すぐに離婚が成立したという

この制度は、女性からの離婚請求権が
 認められるようになる明治5年まで続いた

当寺は花の寺として有名だが、文化人の墓が多いことでも有名
 鈴木大拙、西田幾多郎、岩波茂雄、和辻哲郎、安倍能成、小林秀雄、高木惣吉、田村俊子、高見順
  前田青邨(筆塚)、川田順、レジナルド・ブライスらの墓がある

659 660 665
何とも趣のある茅葺の山門 そして鐘撞堂の屋根も茅葺  

658
ここは、花の寺としても知られる

661 662
白木蓮の大木が桜と共に咲き乱れる

663 6
さほど広くない庭だが、質素な本堂を中心に
 多種の花木が季節の花を咲かせている





             「浄智寺」

6 668 6
東慶寺から
 更に200m.ほど南進すると浄智寺
鎌倉5山の第4位
 境内には鎌倉10井の一つ
  「甘露の井」が
 


鎌倉幕府第5代執権 北条時頼の3男・北条宗政(8代執権 北条時宗と同母弟)の
 菩提を弔うために
  宗政の子・北条師時により創建された
   (当時師時は8歳。実際には宗政の夫人と兄・北条時宗の創建とのこと)

夢窓疎石らの名僧が住持
 最盛期には七堂伽藍、塔頭(たっちゅう、子院)も11寺院に達し
  現在の円覚寺の規模に近いものがあったともいわれる

鎌倉幕府滅亡後も寺勢は衰えなかったが
 火災で伽藍を失い、鎌倉の衰亡と足並みをそろえて荒廃
  関東大震災でその大部分が倒壊、今日の伽藍は概ね昭和になってから復興されたもの

669 671 6
  タチヒガンザクラ、
 ミツマタなどで知られる。
 

674 675 676
ミツマタが今盛り 境内奥の洞窟に
 江ノ島鎌倉七福神の一つ
  布袋尊の石像
 

677 678
みなさん何故かお腹を撫ぜるらしい
   黒光り!!!

680 679
天然記念物のタチヒガンザクラ





             「明月院」  鎌倉33観音30番札所

6 6 県道21号と交差する
 横須賀線の踏切を渡り・・・
小川沿いの路を
 花々に迎えられて
  600m.ほど行くと・・・
   ほどなく「明月院」

683 6 6

「あじさい寺」として有名
 「手入れが比較的楽」という理由で
  第二次大戦後に植えたものが、次第に有名になったという。

明月院は、禅興寺という寺の塔頭(たっちゅう、子院)として
 関東管領・上杉憲方(のりかた)が建立

本体の禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残ったという
 「明月院」は上杉憲方の法号

686 687
「明月院」総門前にて

693 694 688
山門 山門にも花がそっと飾られている。
 何ともしゃれている。
アジサイ寺として知られる
  鎌倉一の花の寺

689 6
1ヵ月後くらいには・・・
 アジサイ咲く小径になるはず

697
      今を盛りのシダレザクラ

698
      方丈(本堂)前にて

704
      方丈前の枯山水庭園
 
706 709 710
ボケ咲く小径 方丈(本堂) 「開山堂」
 明月院の初代住職(密室守厳)の
  木像が祀られているとか

713 7 7
洞窟内には
 明月院を建立した
  関東管領・上杉憲方の墓
   壁には石仏が並ぶ
数多くの洞窟が続く 今はクリスマスローズが咲き
 静かに死者を弔うのみ
7 719 7
  多くの草花や花木が庭を飾る  
720 721
   
季節が変れば
 また、別の花達に
  きっと逢えるはず




             「建長寺」     鎌倉33観音第28番札所

722 明月院から、再び県道21号に戻り
 約1200mほど南進すると
  そこは”建長寺”
723 ”総門”
  昭和18年、方丈とともに
   京都般舟三昧院より移築したもの
   「巨福山」の額がある
725 さすが多くの観光客で賑わう建長寺、
 拝観料受付けに行列が出来ている

臨済宗建長寺派の大本山。鎌倉五山の第一位。

第5代執権「北条時頼」が創建
 北条時頼は熱心な仏教信者であり禅宗に深く帰依していた

建長寺は1293年に発生した”鎌倉大地震”により建造物の大半が倒壊炎上、
 その後も、度重なる火災で創建当初の建物を失う

江戸時代に至り、徳川家の援助で主要な建物が新築または他所から移築されたが、
 関東大震災でまたも大きな被害を受けた

「総門」
 昭和18年に京都の般舟三昧院(はんじゅざんまいいん)から移築されたもの
  なお、般舟三昧院は室町中期の”応仁の乱”後、後土御門天皇の発願により
   建立された皇室ゆかりの寺院

「仏殿」
 芝増上寺にあった、徳川秀忠夫人(お江の方)の崇源院霊屋(たまや)
  建替えに際し譲渡されたもの
   1647年(三代将軍家光の時代)に建長寺に移築されている

「唐門」
 「方丈」入口の門
  仏殿同様、芝の徳川秀忠夫人の霊屋から移築したもの
   関東大震災以来の大修理が平成23年5月に終了、移築当時の姿が再現された

「方丈」(龍王殿)
 総門と同じく、京都の般舟三昧院から昭和18年に移築
  庭園は夢窓疎石の作といわれる。
   なお、住職が生活する建物を方丈と呼ぶが、
    室町時代中期以降は仏像や祖師像が安置されるようになり
     本堂の役割を担う建物も方丈と呼ばれた



・・・関連事項・・・


 ○どうして芝増上寺からなの???
  ・・・建長寺再建と増上寺との縁・・・・

  増上寺は室町時代に開かれてから戦国時代にかけ
  ”浄土宗”の東国の要として発展した        (現在浄土宗大本山)

  江戸時代にはいると
   徳川家の菩提寺として選ばれ
    家康の手厚い保護のもと大いに隆盛
     家康がときの住職に深く帰依したため、と伝えられている。

     広大な敷地を持つ増上寺には、二代秀忠公、六代家宣公、七代家継公
     九代家重公、十二代家慶公、十四代家茂公の、六人の将軍の墓所、
     ならびに各公の正室と側室の墓が設けらている

  1626年 二代将軍秀忠の正室崇源院”お江の方”が没し
         増上寺北墓地に巨大宝篋印塔と霊牌所が設けられたが・・・

  1632年 二代将軍秀忠が歿し
         南墓地に宝塔と秀忠廟が造営されたため、
          崇源院霊牌所も秀忠廟に相殿として祀られることとなる
           そのため当初北墓地に造られた崇源院の霊牌所は空き家となっていた。

  一方、沢庵禅師は、
   「紫衣事件」で出羽国上山(山形県上山市)に流罪になったが、
    その5年後、二代将軍秀忠の死去による大赦で江戸に戻り、
     三代将軍家光に謁見、
      家光の帰依を得て品川に東海禅寺の建立を受けるなど、
       家光に信厚く政事にも拘るようになった

  建長寺と同じ宗派の臨済宗大徳寺の元住持であった沢庵禅師は、
   空き家となっていた元崇源院霊牌所を
    鎌倉建長寺に移建する案を家光に進言、
     それがどうやら移築に結びついたということらしい
             (状況からの推測らしいが・・・)
   ・
   ・
   ・

(参考)「紫衣事件」とは・・・
  江戸時代初期における、
   江戸幕府の朝廷に対する圧迫と統制を示す朝幕対立事件。
    朝幕間最大の不和確執とされる。
  
  その中心人物、後水尾天皇はこの事件をきっかけに幕府に何の相談もなく退位を
   決意したとも考えられている。

 ・事件の背景
   ”紫衣”とは・・・紫色の法衣や袈裟のこと。
     古くから宗派を問わず高徳の僧・尼が朝廷から賜るものであった
      僧・尼の尊さを表す物であると同時に、朝廷にとっては収入源の一つ

   二代将軍秀忠は、
    「寺院・僧侶の圧迫」および「朝廷と宗教界の関係相対化」を図る事を目的に、
      朝廷がみだりに紫衣や上人号を授けることを禁じた。

 ・紫衣事件発生
   幕府が紫衣の授与を規制したにもかかわらず
    後水尾天皇は従来の慣例通り、
     幕府に諮らず十数人の僧侶に紫衣着用の勅許を与えた。
   
   これを知った幕府(三代将軍家光)は
    事前に勅許の相談が無かったことを法度違反とみなして
     多くの勅許状の無効を宣言
      京都所司代に法度違反の紫衣を取り上げるよう命じた。

   幕府の強硬な態度に対して朝廷は
    これまでに授与した紫衣着用の勅許を無効にすることに強く反対
     また、元京都大徳寺住職・沢庵その他の高僧等も、
      朝廷に同調して幕府に抗弁書を提出

   1629年、幕府は、沢庵ら幕府に反抗した高僧を出羽国や陸奥国への流罪に処した。

 ・事件の意味するもの
   この事件により
    江戸幕府は「幕府の法度は天皇の勅許にも優先する」という事を明示した
     これは、朝廷の官職のひとつに過ぎなかった「征夷大将軍」とその「幕府」が、
      天皇よりも上に立つ事を示すものであった

 ○「紫衣事件」の中心人物”後水尾天皇”と秀忠夫人(お江の方)との因縁  
  1607年 二代将軍秀忠と正室・江(崇源院)の7番目の子(5女)として和子誕生。
  1612年 後水尾天皇が即位。家康は和子の入内を申し入れ、
  1620年 女御として入内。

  1623年 和子に皇女 ”女一宮興子内親王”が誕生(後の109代 明正天皇・・女帝)
  1624年 和子は中宮となる。

  1629年に朝幕間で”紫衣事件”発生。
    同年10月に後水尾天皇は突然譲位し、女一宮に内親王宣下が下され、
    同年11月9日には院号宣下あって、和子は”東福門院”の号を賜る。
  1630年9月12日 和子の娘、”女一宮”は即位し、明正天皇となる。

  和子は、気の強い夫・後水尾天皇と、天皇家を押さえつけようとする幕府の間を
   取り持つことに奔走する気苦労の多い生涯であったといわれる
   ・修学院離宮を建てた費用の大半が和子の要請により幕府から捻出された物とされる
     修学院離宮は比叡山麓にある宮内庁所管の離宮。後水尾上皇の指示で
     造営されたもので、桂離宮・仙洞御所とならび、王朝文化の美意識の
     到達点を示すものとなっている。   (いずれ行ってみたいなぁ・・・)

   ・後光明天皇の崩御直後にその弟の後西天皇の即位を渋る幕府(後西天皇が
    仙台藩主伊達綱宗の従兄弟であったため)を説得して即位を実現させたのも
    彼女の尽力によるとされる。



726
”山門”へ向う参道は花のトンネル


729 749 733
鎌倉5山第1位に恥じることなき
 堂々とした山門

楼上には 釈迦如来・五百羅漢
 十六羅漢が安置され
  下を通ると心が清浄になるとか
山門に掲げられた額
 寺伝では後深草天皇の直筆といわれる

「山門」は「三門」とも書かれ悟りに至るために
  通過しなければならない三つの関門
   空・無作・無相のこととか

山門は、江戸時代に建立されたが
 関東大震災(1923年)で倒壊、
  その後再建された。(重要文化財)

また、再建の際に和尚さんにお世話になった
 古狸が勧進僧に化け
  諸国を廻ったとの伝説から
  「狸の三門」とも呼ばれている
仏殿内本尊は ”地蔵菩薩像”
 建長寺のある谷は地獄谷と呼ばれ
  かつての処刑場
   地蔵堂が残っていたという。

仏殿本尊が地蔵菩薩であるのは
 この因縁によるとのこと


734
7
左前方には ”方丈”に通ずる”唐門”
736
  「唐門」
”仏殿”同様、徳川秀忠夫人の霊屋から移築された。

関東大震災以来の大修理が平成23年5月に終了し、
 移築当時の姿が再現されたという。

でも・・・落ち着いた雰囲気の中、
 突然の出現になんとも異様を感じたのは私だけかなぁ・・・


741
方丈前の夢窓疎石作といわれる裏庭。
 借景の中に 一般住宅らしき瓦屋根が数軒・・・
  残念ながらこれも世の移ろいか・・
742
境内を飾る大木の紫木蓮
744
境内の古木が一層古刹を感じさせる


745 746 731

     鐘撞堂はかつての面影をそのまま残すといわれる。
      梵鐘は北条時頼の発願により
       初代住職大覚禅師の銘文
        関東鋳物師の筆頭である物部重光により
         建長7年(1255)に鋳造されたもの。国宝
          屋根の茅葺がいい。


751


帰途も桜のトンネルを のーんびりと・・・




             「海蔵寺」

754
建長寺から県道21号を150mほど引き返して左折
 亀ケ谷坂切通(鎌倉7切通のひとつ)へ向い小さな峠をひとつ越える
  そして500m.ほどのーんびりと下ると
   横須賀線の線路に突き当たる。
       (写真の中央あたりが峠の頂上)

755 756 757
切通を越えると民家が多くなる 線路脇の標識に従い・・・ 右折して600m.ほど行くと・・・
 突き当たりに海蔵寺


1253年 真言宗の寺跡に七堂伽藍を再建したが、鎌倉幕府滅亡時に焼失
1394年 再建
1577年 臨済宗建長寺派に属す

山門脇に鎌倉十井のひとつ「底脱の井」
 薬師堂裏に「十六の井」がある

江戸時代に建てられた茅葺きの庫裡(くり)は
 鎌倉の寺院の庫裡建築の代表で
  歴史的価値が高い

手入れの行き届いた境内には
 ウメ、カイドウ、ユキヤナギ、ハナショウブ
  ハギ等、四季折々の花が咲き
   鎌倉有数の花の寺である

758 759 760
海蔵寺参道 寺前の石には”花”の文字が
 使われている

762
本堂前には”カイドウ”の大木が。

767
 ちょうど咲き始めたばかりの
  ”カイドウ”・・・
    つぼみの朱色が目にしみる


768 769 764
  山門の正面には”海蔵寺本堂”   右手には”鐘楼”

770
本堂左手には
 ”やぐら”(窟・岩倉)と呼ばれる
  鎌倉地方を中心に存在する
   中世の横穴墳墓・供養所がある。
772
775
 ”やぐら”を覆うように広がる早咲きの山吹が
 鮮やかな黄金色に輝いていた


773 783
本堂の裏手には庭園があるが
 公開されていない。

776
     ”ユキヤナギ”咲き乱れる小径

781
782






            「浄光明寺」   鎌倉33観音25番札所

784 海蔵寺から線路脇の
 お寺の表示板のところまで戻り
  200m.ほど行くと”英勝寺”。
   その前の道を100m.ほど進むと・・・

785 786
そこは 浄光明寺入口  浄光明寺参道


鎌倉幕府6代執権 北条長時の創建(寺伝)
 なお、長時は浄光明寺に葬られている。

室町時代に入り鎌倉公方の菩提寺となり
 往時は10近い子院があったが、
  鎌倉御所が滅亡すると急速に寺勢衰え
   江戸時代には伽藍荒廃。
    本堂さえも失われた状態となったが
     その後、数度の復興を経て現在に至っている。

山門を入ると仏殿などあり
 その裏手の一段高くなった敷地に阿弥陀堂と収蔵庫。
  重要文化財の”阿弥陀三尊像”が収蔵庫に安置。
   (先刻上野で公開 参拝客急増したという)

これらのさらに裏手、狭い階段を上った先の山上には
 岩壁をうがった「やぐら」があり、
  内部に石造地蔵菩薩坐像(通称網引地蔵)が安置されている。

そこからさらに登ったところに”冷泉為相”
 (れいぜいためすけ 歌人 藤原定家の孫、冷泉家の祖)の墓がある。

  『十六夜日記』
為相の母(阿仏尼)が書いた
 紀行日記が『十六夜日記』。

『十六夜日記』には
 遺産を巡って為相と異母兄との間に
  相続争いが起ったことから、
   為相の実母である阿仏尼が
    息子の正当性を幕府に訴えるため
     鎌倉に下ってきたときのことが書かれている。

更にその先歩いて20分ほどの、山一つ隔てた”多宝寺”跡に
 日本でも有数の大きさを誇る
  ”石造五輪塔”(覚賢塔)がある(鎌倉祭り期間中のみ公開)

787 788 789
     

792
 

790


793 794 795
「4時までに必ず柵の外へ出ること。
  残る場合出られなくなる恐れあり。
   一切その責任は負わない」・・・
警告文が目に入り
 一瞬、足が止まる!!!
足元には”スミレ”の群落が
 静かに春の陽射しを浴びて・・・

796 797 7
”石造五輪塔”(覚賢塔)
 冷泉為相墓の東北方、多宝寺の跡地にある。
  (多宝寺は浄光明寺の支院のひとつ。
   江戸時代にはすでに所在不明)

この塔は多宝寺長老覚賢の墓塔。
 高さ約3メートルの巨大な五輪塔で、
  覚賢が名僧であったことをしのばせる
   (通常は非公開)
山道の途中、木立の彼方に鎌倉の家並みが・・ 谷戸(やと)の中の民家。
 鎌倉には入り組んだ山が多いので
  谷戸(谷のような場所)が多く残っており
   今も地元の人達によって守られている



             「英勝寺」

799 浄光明寺から
 横須賀線の線路脇まで戻ると・・・
  「英勝寺」
    お寺さんとは思えない入口に
     まずビックリ

「英勝寺」は、大田道灌や
 水戸徳川家とゆかりのある寺
  今は鎌倉唯一の尼寺

○英勝寺と太田道灌は、どんな関係があるの???
・英勝寺のある場所は
  太田道灌の屋敷跡といわれる

・関東の支配者となった家康は
  自分が源氏の血筋であることを理由に
   先祖の地「鎌倉」の復興に努めると共に
    関東の名家の救済にも力を注いだ

・道灌5代の孫”重政”も家康に招かれたが
  当時京都に滞在していたため
   江戸城には妹の”お八”(後のお勝の方)が
    代わって参上した
      ・・・これが家康夫人になる奇縁となったのである

・家康の寵愛を受けたお八は
  後に「お勝」の名を賜る
   家康死後 出家し”英勝院”と称し、
    先祖を供養し
     自分の後世を祈るため寺を築きたいと願い出た

・願いは許され
  英勝院を慕う家光から太田家ゆかりの地を賜り
   英勝寺を創建、菩提寺とした

○では・・・英勝寺と水戸徳川家は
 どんなゆかりがあるの???
・”お勝の方”は、家康との間に生まれた
  ”市姫”を幼くして亡くした

  家康は悲しみに沈むお勝の方に
  ”頼房”(後の初代水戸藩主 当時8歳)の養母を命じた。
   お勝の方は母となって頼房を育て
    水戸徳川家の基礎をも築き上げた

・そのような縁で
  英勝寺創建にあたり
   徳川頼房の娘を門主に迎えて開山し、
    その後も代々の住職は水戸家の姫が務めた

・このため江戸時代には
 ”水戸御殿”と呼ばれるほどの
   格式の高い寺であったというが
    明治維新を機に水戸家からの住持は絶え
     寺勢は衰えた

・現存する仏殿、祠堂、唐門、鐘楼は
  英勝院亡き後、水戸徳川家が造営したもの
   また、山門は、讃岐高松藩主”松平頼重”が造営したものだが、
    頼重も頼房の長男であり,
     すべて水戸徳川家によるものといえる

8 802
梅・椿・山吹・白藤・ヒガンバナ
 ・紅葉で有名と聞くが・・・
  今は桜がわずかに咲いているのみ
無住のよう
 人の気配全く無く訪れる人も僅か
  本堂正面のガラス戸には
   開けたら閉めろと書かれているのみ
    何とも素っ気ない

8
ハナニラが僅かに咲くのみ
 今は時期はずれか
  庭は寂しいかぎり




             「寿福寺」鎌倉33観音第24番札所

805
英勝寺から100m.ほど南進すると
 「寿福寺(寿福金剛禅寺)」  鎌倉5山第三位

806 808
  山門前には不思議な形の石積みが・・・
 五輪塔にちょっと似てるけど・・・


創立者は北条政子 鎌倉五山第3位

もともと現在の寿福寺のある付近は
 奥州に向かう”源頼義”が勝利を祈願した場所といわれる
  (源頼義:平安時代中期の武将。河内源氏初代・源頼信の嫡男で河内源氏二代目)

頼義は、当時奥州(東北地方)を支配し
 朝廷に反逆していた安倍一族等を
  清原(後の藤原3代に繋がる家系)と組んで亡ぼした。
   (・・・これが縁で藤原氏との繋がりを持ち
    100年後に源九郎義経が三代・藤原秀衡を頼って
     奥州へ赴くことになる)


この地は、源氏山を背にした”源氏家父祖伝来の地”であり、
 頼朝の父・”源義朝”の旧邸もこの地にあった

1180年初めて鎌倉入りした頼朝は
 ここに幕府を構えようとしたが
  すでに岡崎義実が堂宇を建て義朝の菩提を弔っていたことや
   土地が狭かったため、計画変更したといういきさつがある

創建当時は七堂伽藍を擁し
 14の塔頭を有する大寺院であったが
  重なる火災に一宇を残さぬまで焼失
   これらの復興は南北朝時代のころ行われたらしい

寿福寺には多くの名僧が入寺するなど
 鎌倉の禅宗文化を考える上で、
  重要な存在の寺院である

境内裏手の墓地には
 ”陸奥宗光”、”高浜虚子”、”大佛次郎”などの墓があり、
   さらにその奥のやぐらには
    ”北条政子”と”源実朝”の墓と伝わる五輪塔がある

なお、総門から中門までの
 参道と裏山の墓地は公開されているが、
  中門から内側の境内は一般公開されていない

809 810
総門からは長い参道
 その先には中門が見える
でも・・・
 中門は横に渡した竹棒で
  入口が閉ざされている
   傍らに「立ち入り禁止」の立て札
    遥か向こうに寺の建物を見るだけ

816


どうしょうもない拝観者らは・・・
 参道脇の苔など見ながら引き上げる
  こんな寺もあるということか

でも・・・本来、宗教とは
 もっと大衆の身近な存在であらねばならないはずでは・・・
  何か違うのでは・・・
   そんな疑問が頭から離れなかった





今日も、昨夜と同じ宿へ
 連泊は気軽でいいですねぇ

<<HPトップへ