風にふかれて

夏 鳥海山 2006/8/8


鳥海山に登ると言ったら、仲間達が一斉に「イヤー、あの山は大変だった」とのたまう。

よくよくきいてみたら・・・・それもそのはず。
深夜に自家用車で出発し、常磐道・磐越道・東北道・山形道と乗り継いで日本海側へひた走り、鶴岡・酒田を経て吹浦から鳥海ブルーラインを上り鉾立駐車場へ早朝到着。頂上往復をして、そのまま帰途につき翌朝の明け方近くに帰宅・・・
したそうな。
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
ウーム・・・・思い出しますなぁ。
だいぶ昔の話で恐縮ですが、
「夜行日帰り」なんてぇ変なものが流行りまして・・・・
土曜日の夜行列車で朝現地到着、山登りだとかスキーをして日曜日に返って来るというやつです。
しかも今とは違って、深夜、新宿や上野駅のホーム・階段なんかで散々並ばされた上に、200%以上もあるような大混雑の列車に詰め込まれて出掛けたものです。
なかには「両夜行日帰り」なんてぇものもあって、土曜の夜出かけて月曜朝帰り、そのまま会社へ出勤なんてぇ猛者も随分いたわけでして。

若い頃は、金も暇もないけどエネルギーだけは豊富、それに日常生活とは異次元の世界に浸りにゆくという、一種のロマン、淡い憧れみたいなものも手伝って・・・多くの若者がのめり込んでいったものでしたが・・・・

如何に当時の体験者とは言え、すでにリタイヤ組。
経済的にはそこそこだけど、暇は持て余し気味というご身分の者が何を好んでこんなご計画を・・・・
とてもとても理解出来ませんですなぁ・・・ハィ。
やっぱり・・・リタイヤ組み、熟年族には、それ相応の旅のやり方があろうというものでして・・・・

というような訳で・・・この度の登山は、何ともゆったりした計画で行ってまいりました。

行程
登山前日 鳥海山中腹の大平山荘(泊)
1日目  鉾立駐車場より5時30分登山開始〜「お浜小屋」〜千蛇谷〜山頂「御室小屋」1130着(泊)
2日目  630発〜千蛇谷〜「お浜小屋」〜鉾立駐車場1230着〜鳥海温泉「遊楽里」(泊)

登山コースとして13コースあるが、今回は鳥海ブルーラインの終点である鉾立駐車場を出発点とする「象潟口」コースから登山することとしました。

1日目は、ほとんどの登山者が山頂からそのまま引返えすのを眺めながら、山頂でゆっくりビールなどを戴き、夕方まで景色を思いっきり堪能した上でそのまま一泊。
翌朝は日本海に映し出された「影鳥海」の澄んだ色に感激。

日本海に面し気象の変化が激しいせいか、
「雨風が凄く、何にも見えないまま登ってきました」との恨み節を聞くことの多い鳥海山。
でも、今回は天候に恵まれ、とにかく思いっきりゆっくりと・・・すばらしい景色を愛で、草花を一本いっぽん鑑賞しながらの山行きでした。
山頂「御室小屋」の混雑は覚悟の上だったのですが、布団1枚に1人づつ。山小屋としては何ともゆったりの一夜。

さらに、下山してから泊まった鳥海温泉の宿は・・・・
建物は、バブルの産物を感じさせる高級ホテル・・・でも今は公営。
従って料金も、1万円そこそこ。しかも、従業員の質は高級ホテル並み。
料理良し、接遇良し、温泉良し、眺め最高。お酒がすすんでしまったのもこれまた当然。
(機会があればもう一度泊まりたい宿の一つとなりました)

豪華な気分を満喫し、しかも経費はそこそこ。これぞ熟年の旅
そんな訳で写真の写りこみも良かったようです・・・腕のせいではなく単に光の状態が良かっただけのようですが・・・

まあ、お時間の許す限りゆっくりとご覧下さいませ。

13 前泊した大平山荘
大広間を二つに仕切った30畳くらいの部屋の宿泊者は、カミさんとたった二人。
(個室は全部ふさがっていたようでした。)
不思議なもので、どんな広い部屋でもとても真ん中には寝られないものでして・・・。
結局、部屋の隅っこにちんまりと布団を敷き・・・
やっぱり貧乏性なのでしょうか。
「人間、自分の体の下の広さがあればそれで充分・・・」
ハテ・・・どこかで聞いたような・・・。

14
大平山荘から車でひと上りで鉾立の大駐車場(標高1132m)。
頂上2236mまでの標高差約1100mを、今日はのーんびりと上るだけ。

駐車場脇から石畳の道を登ると、間もなく展望台
深く切れ込んだ奈曽渓谷の迫力に先ず圧倒される。


高山植物の多いことで知られる鳥海山。
今回は、果たして何種類の花にめぐり合えるものやら・・・
登山道脇には、早くも高山植物が顔を出しはじめた。

15
山吹升麻(ヤマブキショウマ)の雄株
24 山吹升麻(ヤマブキショウマ)の雌株
ハテ・・・雄株の方がかなり派手。

16 調査中
よく見ると、星のような可愛い花が。
葉はアスチルベに似ているようだが・・・
17 振返ると出発地点の駐車場が眼下に。
そしてその向う、少し斜めに霞む海岸線の先は日本海
18 登山道は、奈曽渓谷に沿って高度を上げる。
道の脇に笹竹が生えているのであまり感じないが、
笹竹の向うは、きっと奈曽渓谷にそのまま落ち込んでいるはず。


19 141

四葉鵯(ヨツバヒヨドリ)

20 階段状に敷き詰められた岩の道がしばらく続く。
それにしても、今日はやる気充分の方がいる。
いつしか遥か遠くに・・・
こりゃ・・・花などのんびり撮っておられんわい。

ーイ・・・って ク レ ―−−‐‐・・・・

21 羽後薊(ウゴアザミ)
29 お馴染みのニッコウキスゲも姿を見せ始めた。
part26 そっと草陰を覗くと、
今、丁度スポットライトを浴びているニッコウキスゲが・・・
27 ふと振返ったその時、
日本海の水平線のあたりに謎の光りが・・・
決してカメラのせいではありません。
肉眼でもしばらくの間、空色に輝く光線が見えていました。
未だに謎の光です。
31 岩銀杏(イワイチョウ)
32 稚児車(チングルマ)
33 34
いつも雪渓では恐々のお方が・・・気のせいかなぁ、悠然と歩いておられる。
写真よりは斜度のある雪渓なんだけど
もしかして、おへんろで・・・どこか打ち所でも悪かったのかなぁ・・・

41 44 白山風露(ハクサンフウロ)

43 鳥海薊(チョウカイアザミ)

いつも、いつも頭をたれて・・・何を反省しておられるのかな。

48 白山沙参(ハクサンシャジン)
別名 タカネツリガネニンジン

64 白山沙参(ハクサンシャジン)(白花)
別名 シロバナタカネツリガネニンジン

50 黄色の花 峠蕗(トウゲブキ)
手前 白山風露(ハクサンフウロ)
51 振返れば「稲倉岳」(1554m)が大きい。
手前の鞍部は、先ほどすぐ脇を歩いた奈曽渓谷
58 一汗かいて、目の前に現われたのは、
カルデラの「鳥海湖」
直径約200m、水深約4m。ここから眺める山頂は絶景。
登山の楽しさを感じられる場所である。
鳥海湖を見下ろす場所に、「鳥の海お浜神社」が祀られ、その隣には宿泊施設「お浜小屋」がある。
太古より霊地とされ、深く信仰されて来たこの山の祭神は、
エッ、エ――ッ・・・薬師如来さんですってえ・・

ウーム・・・薬師如来がお護りなさるお方が前を行く・・・
これなら今回の登山は、もっとも安全かも。

55 鳥海湖の周辺にはこの時期でも雪渓が残り、高山植物が咲き乱れる。
(写真には一向に写っておりません・・・腕のせいです、はい)

57 そして前方に目をやれば、鳥海山頂上が紫色に霞んでいる。
ここから標高差にして、600メートル。
まあ、天気も良いことだし・・・
のーんびりと行きましょう。

59
62 登山道脇の草むらは、日光黄菅(ニッコウキスゲ)の競演。
63 調査中です。
66 黄色の花は、峠蕗(トウゲブキ)
右後ろの紫の花は、白山沙参(ハクサンシャジン) 左の紫の花は、白山風露(ハクサンフウロ)
67 振返れば、お浜小屋
アレッ・・・日本海に例の怪光線がまだある・・・
でも・・・他にだーれも騒いでいない。
ということは・・・ごく日常的な出来事なのかしらん・・・
68 白山防風(ハクサンボウフウ)

69 さあ・・・いよいよ前方の駆け上がりに挑戦!!!
でも、今は見えないけど一度鞍部に下りてから・・・・
山はこれがあるから楽しいのです・・・ハイ。
   決して、負け惜しみではありませんです。

70 岩弟切(イワオトギリ)
71 白花唐打草(シロバナトウウチソウ)
こんなに赤いのに・・・
なーんで「白花・・・」なのッ???

73 山母子(ヤマハハコ)
74 紅葉唐松(モミジカラマツ)

75 外輪山をそのまま直進するコースもあるが、ここで千蛇谷に下るコースをとることにする。

76 深山大文字草(ミヤマダイモンジソウ)

77 丸葉下野(マルバシモツケ)
78 千蛇谷の雪渓をしばらく上る。
79 最上部の雪田は、格好の休憩地。
今、4人ぐらい休んでいるのが分かりますでしょうか。
空気もひんやりとしていて、
汗をかいた身体には何とも心地よい。

80 岩桔梗(イワギキョウ)
82 岩袋(イワブクロ)
83 ご覧下さい。満面の笑顔を。
なーんせ、気分よくガーンガン飛ばしてきましたから・・・・
(でも・・・ここだけの話しですが・・・
どう見てもゴルフ場のキャディーさん、いえ、草刈りおばさん)


84 さあ・・・あとひと登りで・・・
それにしても、頑張ってますなぁ・・・
86 さあ、新山直下で百万ドルの笑顔。
その気持ち、よーく分かりますよぅ・・・
「登りたい」、「登りたい」と、口癖のように言っていた山。
遂に願いがかなったのですから・・・
それにしても、この体力。
まっこと恐れ入れました。

90 新山にて
91 新山遠望
93 鳥海さんのご本尊、薬師如来さーん
カミさんをヨロシクオタノンシマッセェ・・・
なんせオンコロコロ・・・の得意な方、下りの方が怖い・・・
95 なーんせ信仰の山、小屋の食事も精進料理かな
96 鳥海衾(チョウカイフスマ)

そして翌朝は・・・・日本海に見事な影鳥海が。 99

103 今日も、快晴。
日本海の海岸線も眼の下に。
丁度、鳥海温泉あたりかも・・・


105
前方の山、遥か登山道の消える辺りにお浜小屋がぽつんと見える。
手前の鞍部は、「千蛇谷」。谷の途中から左手(外輪山)に上る。

107 さあ、下山開始。どうか転落事故などありませんように・・・
先ずは、千蛇谷に向かって・・・
前方右手の山は、奈曽渓谷を擁する稲倉岳

109 深山穂躑躅(ミヤマホツツジ)
まるで象さんみたい。
クルリと返った花びらは耳。曲って伸びる花柱はお鼻。
一度覚えたら、忘れられないかわいらしい花です。

111 千蛇谷、駆け上がりには色とりどりの花が、
短い夏を惜しむかのように精一杯咲いている。

113そうよ、
そこを降りてこっちへ来るのよ――
」、
気分よさげに道案内をしておられる。
立ち姿も、何となく決まっておられるような・・・
そう、今日登ってこられる方よりは、まさに「一日の長」がありますからねぇ・・・


115 さあ、そろそろ外輪山の絶壁への上りです。

116 途中、梯子などあり、
ほんの少々緊張させられます。


117
外輪山を上る途中で振り返ると、遠くにきれいな山波が。

119 これからすぐ脇を通ることになる「稲倉岳」が、左奥に見える。
こうして見ると、稲倉岳も千蛇谷に聳えるピークのひとつ。

123 千蛇谷から外輪山を上りきったところ。
直進しているのは、外輪山をそのまま頂上に向かうコース。

125 外輪山から振返れば、先ほど下りてきた山頂がもう霞んで見える。

126 127
足元には、可憐な花達が・・・

129 130
131

134
遠く霞むのは、方角、山の姿からどうやら月山

137 白山石楠花(ハクサンシャクナゲ)
138 深山竜胆(ミヤマリンドウ)
143 さあ、今夜の宿に到着しました。
ホテルの窓からの鳥海山
どうやら、左手の雲の下あたりから、
頂上まで歩いたことになる。

147 日本海に沈む夕日(ホテルの窓から)
153 宿泊したホテルです。
お付き合いくださいまして、まことに有り難うございました。



戻る