風にふかれて

夏の八幡平 2007/8/6


「登山」というには、おこがましい。「ハイキング」でもまだ大げさ。
ほんの短い距離を、そう二時間ほど軽く散策しただけだったのですが・・・・
長時間、車を走らせて、はるばる出掛けた甲斐がありました。

一歩足を踏み入れただけなのに、そこには素晴らしいお花畑の世界が広がっていました。
八幡平のほんの一部ではございますが、その魅力を写真でお届けいたします。
どうぞお茶でも飲みながら、お楽しみくださいませ。  (八幡平周辺図)



165 217

下界は曇り、時々日が差す程度だったが、高度を上げるにつれ、次第に風が強まり濃い霧が渦を巻き始めた。
前をのろのろと行く観光バスのテール・ランプを頼りに、左右にうねる舗装道路をただただ上る。
視界不良で最上部の駐車場がどの辺なのか、まったく見当もつかない。

東北道を松尾八幡平ICで降り、アスピーテラインを30分ほど走った時だったろうか。
一瞬、駐車場らしき影が左の車窓を流れた。
しかし、もしかしてもう少し上にもあるかも・・・と、さらに前進。

するとすぐに、またも駐車場らしき影。近くに建物のような影も霞んで見える。
どうやらここが八幡平頂上直下の駐車場の気配。視界2〜3メートル

早速、手探り状態で進入してみれば、目の前に急に現われたのは「料金徴収所」。
おいおい、ここは有料駐車場じゃ・・・・
そこがそれ・・・いつもの事で・・・もしかして、先ほどのは無料だったかも・・・と。
徴収所のオッサンの不機嫌そうな顔を横目にUターン・・・したその時、後部で
鋭いクラクション
    ・
    ・
    ・
後続車に衝突しそうになり、ほうほうのていでその場を逃げ出した。
なーんせ、濃霧で車の姿などまったく見えなかったが、いつの間にかすぐ後ろに来ていたらしい。
・・・・まったく、いつもの事ながら何をやっているんかいなぁ・・・・

さて、50メートルほど下って、先ほどの・・・らしき場所におずおずと車を入れてみれば、確かにそこは「駐車場」
でも、濃霧の中、これがどれほどの広さなのか、どこへ止めたらよいのか、皆目見当がつかない。
ぼんやりと見えてきた車影を頼りに、バックで駐車してみれば・・・・
ああ・・・あと少しバックし過ぎたら・・・駐車場の傍の森に転落!!!
「こりゃ駐車場で遭難ものじゃわい」     ・
    ・
    ・
    ・

と、言うようなわけで、家族全員、車内にいるうちから完全に戦意喪失
車内には、「もう・・・帰ろうよ」、という雰囲気が満ち満ちている。誰も降りようとしない。
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
この霧ではねぇ・・・すぐ雨が降ってきそうだシィ・・・天候はますます悪化するんじゃなイィ・・・風もつよくなってきたようだシィ・・・外はかなり冷え込んでいるんじゃないィ・・・だいたい出掛けたってぇ、何にも見えないんじゃなイィ・・・

こうなると、とにかくいろんな否定の言葉が、全員の口から飛び出す。
「雨風の吹きすさぶ中、びしょ濡れになった子連れの一行、遭難寸前で救助」・・・なーんて悪い予感も・・・。

なんせ、最初から戦意喪失しているわけだから、考えることがすべて否定的。
天候もますます悪化しているようにさえ感じる。風も強くなってきた。視界も悪くなる。

こんな中、ただ頑として聞き入れなかったのは、カミさんただ一人。

そういえばこの方は、もしかして亥年。いや、もしかではない、確実に亥年である。
走り出したら止まらない。時々、とんでもない事も仕出かすお方。

「折角来たんだからァ・・・・ほんのそこまででもいいからァ・・・行ってみないィ」、これでも結構遠慮がち・・・それでも懸命に全員を説得し始めた。
山歩きに否定的な、ぶすくれ加減の孫は、半ば強制的に車外に引っ張り出され、合羽を被せられてしまった。
「ここまで支度させておいて、今更止めるなんて言わないでェ・・・」と、なかばやけになっている奴もいる。

ウーム、どうしたもんじゃろかァ・・・・
    ・
    ・
    ・
    ・
「んじゃー、駄目ならすぐ引き返す事にしてェー・・・行くだけ行ってみるかぁ」
少し行ってみれば、さすがのカミさんも諦めるだろうとの思いから、ぐずる孫を追い立てる。
一向しぶしぶ歩き出し、車道から登山道に入る。

ところが・・・・しばらく歩いたが、足元は敷石で固めた歩道が続くばかり。
いわゆる登山道の気配はまったく無い。

そういえばここは観光地。
当然のことながら、観光バスで乗りつけ、革靴やハイヒールでそのまま歩き出す「やから」も多いはず。
となれば・・・敷石の道も頷ける。
・・・ということは、もしかしたらずーとこんな調子で・・・・
やっぱり、その通りでした。敷石の次に現われたのは、木道。

登山道によくあるグチャグチャの泥道や、覆いかぶさるような草木の道はまったく無し。
そういえば随分前のこと、尾瀬ヶ原の木道を派手な日傘をさしハイヒールで歩くご夫人を見たことがある。
どこから来るにもひと山越えなければ入れない場所だけに、あっけにとられて眺めた記憶があるが、
ここは、駐車場からそのまま続く道。

ウーム、ここなら天候急変したとしても・・・「遭難」は無しかも・・・

気のせいか、何となく霧も晴れてきたような気配。
こうなると、すべてが肯定的に感じ始めるから、勝手なもの。
孫もどうやら先頭を歩き始めた。

「うわー・・・きれいィ!!!、最初に歓声をあげたのも、嫌々やって来たはずの孫。
数年前、尾瀬に行った時にも同じような景色を見ているはずだが、成長と共に感覚も変わり、より新鮮に感じたのかもしれない。
    ・
    ・
    ・
    ・
一周して元の駐車場に戻った時、勝ち誇ったようにカミさん、
「やっぱり、行ってみて良かったでしょう」
「うん、良かった」と、孫の声。
ウーム・・・今回ばかりは、完全にカミさんの勝ち・・・でした。
全員、カミさんにカンシャ・・・でした。
    ・
    ・
    ・
    ・
と、そんな訳で出来上がったのが、これからお見せする写真です。
ごゆっくりどうぞ。



それでは、ぼちぼち参りましょう

191 215
車道から一歩足を踏み入れると、ご覧のように歩き易い敷石の道がしばらく続く。
登山靴では、ちょっと場違いな感じ。


162
湿原の手前で、華やかに迎えてくれたのは
ミヤマアキノキリンソウでした。
さらに進めば、道の両側に次々と現われる高山植物。
8月上旬とはいえ東北の高原はすでに初秋の気配、草花も端境期に入っているはずなのに・・・
さすが花の豊かさで有名な八幡平です。
166
すでに、青い実をつけているナナカマド
168
霧に濡れ、濃紫の花がますます鮮やかさをますオオノアザミ
172
猛暑続きの夏でも、高原は秋を先取り。
オオカメノキ
178
ヤマハハコ
185
ハクサンボウフウ
190
ハクサンチドリ
花の盛りを過ぎても、凛とした姿の片鱗がまだ残る。
192
モミジカラマツ
196
トリアシショウマ
202
クルマユリ
238
ミヤマキンポウゲ
175
ウメバチソウ

ガマ沼

213
歩き始めると、すぐにガマ沼
ガマ沼は、とっても恥ずかしがりやさん、
この時、どうしても全身を見せてはくれませんでしたが・・・・

八幡沼周辺の湿原

231
その代わり、ガマ沼から50mも行かないうちに、
八幡沼が、こんな素晴らしい装いを見せてくれました。
233 霧の中、とても幻想的!!!

306
ニッコウキスゲ

250

246
シロバナトウチソウ

274 257
259 黄色く色付き湿原を彩っているのはコバイケイソウ

森のシルエットを背景に、湿原はすっかり初秋。

聞こえるのは、鳥の声と静かに流れる水の音だけ。

ほんのひととき、静寂の世界をお楽しみください。

275

260 262

278
271 273
251
タチギボウシ
248
チングルマ

イワイチョウ
251
モウセンゴケ
277 279

八幡沼から見返峠へ

283 やっと八幡沼が姿を見せてくれました。
周辺には、多くの池塘を擁する湿原が広がり、
高山植物が、訪問者を迎えてくれます。
284 285

289 292

ほんの少しの間、華やかさの無い世界が続いたのですが
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

295 298

    ・
    ・
    ・

フィナーレを飾るニッコウキスゲの大群落


316 304
一瞬のうちに、湿原全体が華やぎ、そしてしばらくの間続く。
木道に顔を出している花を、痛めないように歩くのに苦労するほどでした。


310
313 315

花々の華やぎが去り、ふたたび元の静かな世界に戻る。
見返峠ももう近い。

319 324
326 327
329
337
木道脇にひっそりと咲くタチギボウシの群落
342 350
352
365
八幡平高原の駐車場間近の木道脇に咲くズダヤクシュ
星が舞っているような、とっても可憐な花たち
349
最後に見送ってくれたのは、
地味だけど、よく見るととても可愛い
ミヤマホツツジでした。



八幡平まで出かけたついでに、岩手山麓「焼け走り」「網張温泉」にも、ちっと回り道してみました。
366 367
一面溶岩流の跡。岩手山噴火で流出したのは260年ほど前とのこと。
溶岩流は5m以上もの厚さというが、それでもそこに松や草が芽生え、今では大きく成長している。
その逞しい生命力には、ただただ脱帽するのみ。・・・「焼け走り」にて撮影

368 369
370 キベリタテハ
羽の表面は濃いチョコレート色、外縁に淡い黄色の幅広い縁取りがあり、その内側に小さな青い斑点が並んでいる。
本州中・北部に分布、成虫で越冬、夏に羽化してすぐ産卵する。飛び方は緩やかであまり羽ばたかず、流れるように飛ぶ。花には来ず、樹液を吸うが、路上や河原で吸水しているのがよく見られる。
(岩手山麓「焼け走り」にて撮影)

349
ヨツバヒヨドリ
渡りをすることで知られるアサギマダラが、
蜜を吸いに来る花の一つ。
   網張スキー場にて撮影
349
ヨツバヒヨドリの群落
   網張スキー場にて撮影
349
サンカヨウ
葉は散々虫に食べられてしまっていたが、
それでも自分の役割を懸命に果たそうとしている。
   網張スキー場にて撮影
part380
ヤマアジサイ
澄んだ青が印象的。
   網張スキー場にて撮影

散策にお付き合いくださいまして、まことに有り難うございました。



戻る