風にふかれて

秋の涸沢 2007/10/10


ケァッ、ケァッ、ケァッ、ケァッ、ケァッ、ケァッ、ケァッ。
突然、アマガエルが合唱を始めた。
それも1匹や2匹ではない。かなりの数である。
  ・
  ・
  ・
ハテッ・・・雲一つなく晴れているのに不思議な事もあるもの。
確か、「明日も晴れ」と、予報ではいっていたはず。
蛙さん、何か勘違いしておるような・・・・・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ところが、翌日になってみたら朝から曇り、そして雨。
しかも、しかも・・・
予報官は、「晴れる」と言ったのは私ではありません・・・とばかりに、
まったく澄ました顔で、「今日は、雨でしょう」。
  ・
  ・
  ・
ウーム・・・・

秋の空は変わり易いといっても・・・明日の天気も分からんとは・・・
アマガエルでさえ察知していたのに・・・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ましてや、「長期予報などゼッタイ当るはずがない」と、ぼやいてみたが、
他には頼るものも無く・・・はずれるものと言いつつ、ついつい当てにして悩むのが天気予報。

「雨もまた楽し」とのたまわった某登山家ほど達観することも出来ず
出来ることなら晴れそうな日に行きたいものと願うのは、凡人の常。
しかも、・・・今年の紅葉は全国的に遅れそう・・・
涸沢では10月10日前後が見頃との予想。

ちなみに、今年の暦は
10月 6日(土)   3連休
    7日(日)    〃
    8日(月・祝日) 〃
    9日(火)
   10日(水)
   11日(木)
   12日(金)
   13日(土)
   14日(日)

涸沢への行程  今回も、いつも通りのんびりと・・・3泊4日と決めている
1日目  自宅〜横尾(泊)、または徳沢・明神(泊)
2日目  涸沢(泊)
3日目  下山。穂高温泉(泊)
4日目  帰宅

大混雑が予想される連休(6日〜8日)には、行きたくないし・・・
宿泊したい横尾山荘の営業は、10月10日までとのことだし・・・
15日(月)には用事がある。出来ることなら13日(土)までに帰宅したいし・・・

長期予報では、10日は確実に雨が降り、その後もしばらくぐずつきそうな気配。
ネットで見る涸沢は、まだナナカマドの実が色づいただけ。大分遅れている。
カミさんと天気予報を見ながら毎日イライラ・・イライラ・・

紅葉の進み具合も毎日チェックしつつ日を送るうちに・・・
何ということか・・・長期予報が少しずつ変化しはじめた。
11日以降、天気は回復の兆し。
うーむ・・・
横尾までなら、多少雨が降っても構わんけど・・・
豪雨の中、高速道路を突っ走るのもあんまりねぇ・・・

11日出発となると・・・初日の泊まりは,徳沢か明神。しかも帰りは日曜日。
どうしょうかなぁ・・・・
悩んでいたら・・・10日が「曇り時々雨」に変わった。
それなら行けそう・・・と、即、日程確定し、宿泊先の手配。
いずれも、電話一発でOK。
「これは出だしからついているぞ」と、言ってるうちに、10日の予報が「晴れ」に変った。
カミさんいわく
私達、いつもついているのよねぇ」。
  ・
  ・
  ・
ウーム、確かにその通りでございまして・・・

これまで、何かやろうとすると天候も含め、ほとんど良い結果になる。
これももしかしたら、良き守護仏がついておられるお方のせいでございましょうかねぇ。
それとも・・・熊野古道のお地蔵さんのお陰かも――(この件に関しては、いずれ詳しく書く積りでおります)

あれは、大分前のことになりますが、
やはり涸沢の紅葉を見にいったときのことでございました。
今回同様、横尾に一泊して涸沢入り。
ところが到着するなり、涸沢ヒュッテを覗いたカミさんいわく・・・
こんなところに泊まるのはゼッタイイャッ」。
小屋の中が陰鬱そのものに見えたと言う。

そんなわけで、
「夕・朝の撮影を楽しみに出掛けたのになーんという事かい」との大ボヤキを尻目に、
そのまま涸沢からとんぼ返りしてしまったわけでございます。

ところが翌日のことでございます。
こんなにひどくなるとは予想もしていなかったのですが・・・・・
強力な前線通過、急激に冷え込んで山は雪とみぞれ。
近くの立山で中年登山グループが遭難、多くの死者がでたのは、まさにその日のことでございました。
結果オーライとはいえ、我々も危なかったところ。

というようなわけで、今回の涸沢への旅は紅葉時期と天候に散々迷わされましたが、
結果は、出発から帰宅するまですべて快晴。
涸沢の紅葉は、まさに最高潮。
下山後の温泉も最高。
いい事ずくめの旅でございました。
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
と、そんな訳で出来上がったのが、これからお見せする写真です。
見事な紅葉を、どうぞごゆっくりとご覧下さいませ。


「涸沢の風景」
入口
なお、涸沢の風景を大型画像にしてみました。
光線と天候によって微妙に変化する涸沢の秋です。
よろしかったら、お帰りにでもどうぞお立ち寄りくださいませ。




写真で歩く涸沢への旅、それではぼちぼち参りましょうか。

3 3説明図 この山波の裏側に今回のターゲット、涸沢カールがある。
従って、涸沢へは山群の右側を回り込むことになる。
天気はご覧の通り快晴。
朝、4時に自宅を出発。高速を下りて沢渡到着9時。
そこから、「バス料金並み(2000円)で行く」というタクシーに乗って上高地小梨平バス停10時着。
今日は、気分のいい梓川沿いに・・・のーんびりと横尾まで3時間、平らな道を歩くだけ。
いいですねぇ・・・こんな旅も。

14
気分良く、1時間歩けば明神
明神岳もご覧の通り。
16 18
連休明けとあって、人出もほどほど。(明神館前にて)

21 19
明神館の前に、真っ赤な実を沢山つけている大きな木がある。
「あれは何の木ですか」と訊けば、明神館の女性は面倒くさそうにただ一言「ズミ」。
飽き飽きするほど訊ねられているのかもしれない。
のちほど、「ズミ」とは小梨の別名であると分かった。

26 また、右の赤い実は、「カンボク」だと別の人に教わった。
                (肝木と書くらしい)
やはり、明神館の庭に美味しそうな実を沢山つけている。
でも・・・それをとって食べた勇気ある奥様がいて・・・
一言「苦いっ」。
それを見たカミさん・・・早速、言わずもながの一言を・・・
もしかして猛毒かもよ」。
  ・
  ・
  ・
  ・
その女性の慌てようといったらもう・・・

早速、草むらに駆け込み・・・ペッ、ペッ・ペッ・・・
あとで調べたら、まずいので鳥も食べない実らしい。
それにしても、まったく罪なお方。


22
梓川流域の木々は、まだ紅葉の気配なし。
でも・・・何とも気分の良い眺めですねぇ。
31
明神を過ぎると、明神岳の裏側に少しずつ回りこむ。
前穂高岳がほんの少し顔を出し始めた。
35
幾分色付いた木々が見られ始めた。
平らな道を歩いている積りでも、少しずつ高度が上がっている証か。
44
屏風岩がもっこりと姿を現した(左手)。
常念岳に続く山波も、右手奥に見える。
48
のーんびりと梓の流れを見ながら日向で一休みしているお二人さん。
とってもいい風景。(外国の方のようでした)
54 明神から、さらに一時間で徳沢園
「氷壁の宿」で有名です。
ここまでは散策する観光客が多い。


    すでに花の時期は終わり、草木に実のなる季節。

51 61 68 73 96フジアザミかなぁ 101マムシグサの実
69
新村橋  徳沢を過ぎると間もなく左側に現われます。
この橋で梓川を渡ると、パノラマコースを経て涸沢に入れます。
でも、ちょっとばかり道の状態が悪そうなので、
迷うことなく年寄り向きのコースを選択。


104 103
さあ、横尾山荘。徳沢から1時間の距離。
早くついたので、お風呂は一番乗り。そして、先ずはビールでカンパーイ。これがこたえられませんなー。
夕食は、とっても賑やか。
102
就寝は、山小屋として初体験の二段ベット。
これが思いのほか良かったのです。
なーんせ、一人ひとりの寝る区域が完全に仕切られているのがいいですねぇ。
ところが・・・この効用を、翌日、思いっきり知らされることになろうとは・・・
翌日の涸沢は、「悪夢の一夜」でした。

105 107 朝日に燃える前穂高岳。
(横尾山荘前にて)
109
翌朝、出発で賑わう山荘前。
もっともこの日は連休後のせいか、下山する人の方が多かったようですが。

営業は昨夜までの山荘、今日から工事のためすでにシートが掛けられている。


110 さあ、今日からは本格的な登り。
と言っても、しばらくはこんな道が続く。

114 間もなく目の前に迫ってくるのは、屏風岩
標高差600mの一枚岩。
見上げると、凄い迫力。
遠くには、北穂高岳が大きい。

パノラマコースを来ると、この岩の頭に出られるとか。
槍や富士山まで見えて・・・景色は最高といわれるが・・・

116
今日は、ロッククライミングの人影はないようだが。
こんなところを登る人がいるなんて・・・
とても、人間業とは思えませんです。ハイ。

117 120
119 126
屏風岩を周りこみ、本谷橋を渡ると、そろそろ本格的な上りが始まる。
木々も、次第に色付いてきた。

128 132
131 129
135 136
137 142
涸沢が近づくにつれ、横尾谷の両側の山が次第に低くなり、紅葉が鮮やかになってくる。

141 143

あゝ・・・・・早くも穂高が見えてきた。

145 周囲の紅葉が一気に進む。
正面の山の鞍部右隅に点のように奥穂高山荘が見える。

149 正面の山塊のピークは、奥穂高岳。

164 涸沢槍も天を刺す(右端)
153 156
159 171
174 180 さあ、あとひと登り。
涸沢ヒュッテも、
もうすぐです。

184 190

素晴らしい紅葉の道。気分よさげに、ガンガン登るお方がひとり・・・涸沢ヒュッテはすぐ。
(あとで伺ったら・・・もっと現実的な問題がおありだったとか・・・)

216
193 211
191 202
206 214

さあ・・・ナナカマドの競演をお楽しみください

183 217
219 218
220 194
185 235
199

涸沢に遊ぶ

10時頃、涸沢に到着。
それから、ただただ紅葉に酔いながら、あちこち散策。
時間を忘れて夕方まで・・・
勿論、生ビールを戴くのも忘れませんでした。
243
景色がデカイ。
これだけ引いても、
コンパクトカメラでは、
入りきれませんでした。

241
涸沢ヒュッテ遠望。(涸沢小屋ベランダから)
連休後のせいか、テント村も静か。

245 248 252 255
257 270

231

悪夢の一夜

右は、今夜の宿、涸沢小屋
部屋は布団1枚に一人宛。これなら今夜もゆっくり寝られるぞ・・・
と、考えたのが大変な誤算。

談話室でおしゃべりなどして部屋に返ると、
すでに全員おやすみ・・・(まだ消灯時間には間があったのですよぅ・・・)
お隣さんはとみると、大きな身体の熟年女性。その向うにはご主人らしき人が。

・・・と、よく見ると・・・こちらの布団に大分はみ出して寝ておられる。
向うのご主人らしき人が寝相が悪く、斜めになって寝ているので止む無くこちら側にはみ出て・・・
でも・・・でも・・・それはあちらさんお二人のご都合。
こちらとしては、寝にくい事この上なし。
エエイッ・・・それならば・・・と、布団ごとお尻でグイッ。
若干、引っ込んだようだ。まぁ、少々は我慢するか・・・
・・・と、やっとのことで寝ついた頃・・・
寝返りの反動で・・・また、またこちらにドスンとご侵入・・・
ついでに・・・大きなおならまで・・・
うーむ・・・・こりゃぁたまらん。
・・・・・・
しょうがないので、またまたグイッ・・・
こりゃとても寝ていられんわい。

忘れられぬ一夜となりました。


そして下山

285 おサルさんも散歩???
かなり大型の猿で、草陰から目の前に飛び出してきた時には、
思わずストックを構えてしまいました。
立ち上がったら身長は同じくらいありそう。
でも、人間なんてまったく無視して・・・
素知らぬ顔で歩いて行ってしまいました。

286 この橋を渡ると、一昨日泊まった横尾山荘
ここから上高地バス亭まで梓川沿いを。
ほんの少し足が痛むけど・・・
旅の余韻を、思いっきり楽しみます。
のーんびりと、のーんびりと・・・
・・・あと3時間で、旅は終わってしまいます。
(横尾大橋にて)

288
気分よい道がどこまでも、どこまでも・・・

289
さあ・・・・旅の終わりです。
素晴らしかった穂高とも、ほんのしばらくお別れです。

290 旅の終わりは、穂高温泉で。

いえ、いえ・・・もしかして
温泉に入るために、山登りをするのかも・・・
どちらにしても、この落差がたまりませんですねぇ・・・



「涸沢の風景」
入口
涸沢の風景を大きくして見ました。
光線と天候によって微妙に変化する涸沢の秋です。
こちらも、引き続きお楽しみくださいませ。




戻る